カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. 子どもが皮膚真菌感染症に!?カンジタ、白癬菌感染症の診断基準は?治療法は?

育児・子供の病気

子どもが皮膚真菌感染症に!?カンジタ、白癬菌感染症の診断基準は?治療法は?

子どもの皮膚に異常がある…これってもしかして皮膚真菌感染症

子どもが皮膚真菌感染症になった場合、早めに病院を受診する必要があります。

皮膚真菌感染症はうつる病気で、大人から子どもに感染して、子どもが発症してしまう場合が多いので、家族ぐるみでの治療が必要な場合もあります。

 

子どもの皮膚真菌感染症(カンジタ、白癬菌感染症)の診断

カンジタの診断

以下の症状があるとカンジタと診断されます。

 

・口腔内カンジタ

口の中に白いミルク状のカスがあり、取れない、唇のひび割れがある、舌が赤くなっている

 

・カンジタおむつかぶれ

皮膚が赤くただれ、小さなツブツブが見られる

 

※症状だけでわかりますが、診断を確定するために真菌の検査をすることがあります。

 

白癬菌感染症の診断

白癬菌感染症の診断は、白癬菌感染の疑われる部分から、皮膚の一部をメスやハサミで少しだけとって検査します。

検査で白癬菌が見つかれば、白癬菌感染症と診断されます。

 

子どもの皮膚真菌感染症(カンジタ、白癬菌感染症)の治療法

カンジタの治療

・口腔内カンジタ

口の中をキレイに洗って清潔にしていれば治る場合がありますが、症状がひどい場合、抗真菌薬を直接塗ります。

 

・カンジタおむつかぶれ

普通のおむつかぶれの薬を塗ってもむしろ悪化してしまう場合があります。

処方された抗真菌薬の軟膏を塗布して、こまめにオムツを取り替え、蒸れないようにします。

 

白癬菌感染症の治療

・頭部白癬

抗真菌薬を6~8週間内服します。

 

・足白癬

基本的には抗真菌薬の軟膏を塗布することで治療しますが、再発も多く見られます。抗真菌薬の内服を併用する場合もあります。

足が蒸れないように対処し、バスマットを別にするなど家族への感染を防ぐことも重要です。

 

子どもが皮膚真菌症になってしまったら、家庭で皮膚を清潔に保つ、他の家族にうつさないように治療していく事が大事です。

大人も皮膚真菌症になっている場合、一緒に治療していきましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

感染症に関する記事

埃や感染症から子どもを守るために!避難先でのマスク必須、簡易マスクの作り方

もし自分が今の状態で、大きな地震に見舞われたら大丈夫でしょうか?避難所に行っ...

子どもの皮膚真菌感染症(カンジタ、白癬菌感染症)、原因・症状について

皮膚真菌感染症とは、真菌(カビ)が皮膚に感染して起こる病気です。 カンジタや白...

感染症の体験談

3人目にして初めてのRSウィルス!!!

2か月ほど前、9か月になる長女がRSウィルスに感染しました。 低月齢の乳児がかかると細気管支炎...

初めての発熱、そして入院~尿路感染症~

子供が生まれて初めて発熱した時のおはなしです。初めての育児での子供が発熱長男が生後三ヶ月になるちょう...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る