カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. とびひ(伝染性膿痂疹) >
  6. 虫刺されがとびひになる可能性あり?!身近に起こるとびひとは?

育児・子供の病気

虫刺されがとびひになる可能性あり?!身近に起こるとびひとは?

とびひは、正式名を伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といいます。

虫刺されやあせもなどから、とびひになることもあります。

 

とびひは子どもによく起こる病気として知られますが、いったいどのような病気なのでしょうか?

 

とびひとは?

虫刺されやあせもなどをかき壊してできた傷から、細菌が感染して起こります。

皮膚に強いかゆみのある水泡ができ、かくとまた菌が広がり水泡が広がっていくことから、俗に「とびひ(飛び火)」と呼ばれます。

 

とびひの原因は?

主な原因菌は、黄色ブドウ球菌です。

連鎖球菌が原因の場合もあります。

 

黄色ブドウ球菌は、扁桃腺などの原因にもなる菌で、鼻の穴などにたくさんいます。

健康な皮膚にくっついても問題はありません。

ただ、皮膚の機能異常を起こしている場所、つまり虫刺されやあせも、湿疹などでかき壊した皮膚やアトピー性皮膚炎など皮膚バリアが弱っているところに感染し、発症します。

 

どんな症状なの?

うみをもった小さな水泡ができ、かんたんにつぶれてただれます。

ジュクジュクした汁をもつようになり、汚いかさぶたができます。

かきむしって汁がついた手で他の部分をさわると、次々に広がっていきます。

 

とびひの特徴

汗をよくかいたり、虫に刺されることが多い夏によく見られます。

感染力が強く、本人だけでなく兄弟や家族などの周りの人にも感染することがあります。

 

生後まもない赤ちゃんがとびひにかかると、敗血症や肺炎などを同時に起こすこともあるので注意が必要です。

 

また、まれに黄色ブドウ球菌の毒素が全身に回って、全身の皮膚が真っ赤になり、やけどのようになって皮膚がはがれるSSSS(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群)という病気になることもあります。

入院治療が必要になるなど、こわい病気にもなりかねないのです。

 

とびひは感染力が強いので、水泡が少ないうちに治すことが大切です。

水泡を見つけたら、他の部分に感染しないようにガーゼや包帯で保護し、早めに小児科か皮膚科を受診しましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

とびひ(伝染性膿痂疹)に関する記事

伝染性膿痂疹(とびひ)の原因とは?幼稚園に行っても大丈夫?

伝染性膿痂疹(とびひ)とは夏に発生する感染症で、子どもの病気です。 掻きむ...

こどもに多い「とびひ(伝染性膿か疹)」予防法は清潔にすること♪

夏に多い感染症には、どのようなものがあるでしょうか。   「とびひ」をご存知で...

とびひ(伝染性膿痂疹)の体験談

とびひになってしまった!

こどもは「とびひ」になりやすいと聞きます。 皮膚の抵抗力が弱いからだそうです。 そして、高温多湿...

とびひは早い治療が大事!

うちの長男はアレルギーを持っていることもあってか、肌も弱く… 特に夏は汗をかくと肌を掻いてしまい、...

カラダノートひろば

とびひ(伝染性膿痂疹)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る