カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 原因はカビ?!皮膚カンジダ症になったらどうするの?

育児・子供の病気

原因はカビ?!皮膚カンジダ症になったらどうするの?

 

カンジダ菌は真菌(カビ)の一種です。

皮膚について感染し、炎症をおこします。

 

しかし、カンジダ菌は、健康な人の口の中や皮膚の表面、便の中などに存在する、常在菌です。

なのに、なぜ炎症を起こすのでしょうか?

 

抵抗力が落ちると繁殖する?

カンジダ菌はカビといわれるだけに、暑くてジメジメしているところが大好きです。

風邪などで抵抗力が落ちている、抗生物質などを使用している時などに、カンジダ菌が繁殖しやすくなり炎症を起こすのです。

 

どこにできる?

おしり、股の他にも、ひじやひざなどの関節の内側など、皮膚がこすれて通気性が悪いところに感染します。

特にオムツの中は繁殖しやすいので、赤ちゃんによく見られます。

 

症状

炎症が起き、皮膚が赤くただれます。

赤くなった皮膚の所々に、皮膚が薄くむけている部分があったり、小さい水泡やうみを含んだ膿疱(のうほう)が混じっていたりします。

炎症が起こっている部分と健康な皮膚との境目がはっきりしているので、わかりやすいでしょう。

 

おむつかぶれとのちがいは?

皮膚カンジダ症はおむつかぶれの症状とよく似ており、専門家でも間違えるほどです。

皮膚カンジダ症の場合は、オムツが触れていない部分にも炎症が起こります。

 

おむつかぶれの治療と皮膚カンジダ症の治療を間違えば悪化するので、自己判断は禁物です。

必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

 

皮膚カンジダ症の治療法

おしりが赤くただれている、おむつかぶれがなかなか治らない時は、カンジダ菌が原因かもしれません。

 

皮膚カンジダ症の場合は、カンジダ菌に効果のある抗真菌剤入りの塗り薬で治療します。

医師の指示通りに使えば、1~2週間でよくなります。

 

清潔にすることが大切

ケアの方法はおむつかぶれの時と同様、こまめにオムツを替え、湿った状態にしないようにすることです。

うんちの後はおしりを洗うなどして、よく乾かしてからオムツをつけるようにしましょう。

 

おしりふきで拭き終わった後でも、少しおしりを乾かしてから、オムツをつけましょう。

お風呂に入った時は、石けんをよく泡立ててやさしく洗い、やさしく拭いてあげましょうね。

 

(Photo by:pixabay

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他の子供の病気に関する記事

赤ちゃんの先天性心疾患「エプシュタイン奇形」の症状・治療・注意点

エプシュタイン奇形とは、赤ちゃんの先天的な心疾患のひとつです。 発症頻度は...

赤ちゃんでも貧血になるの?

  赤ちゃんに貧血なんて、と思われるかもしれませんが、実はそう珍しいことではあ...

その他の子供の病気の体験談

初めての熱で大慌て!!

上のお兄ちゃんが1才になる前に一度熱を出した時のことです。 いつもより機嫌も悪く、よく泣いていたの...

生後1か月での高熱の怖さ。

二人目が産まれて1か月経ったとき、急に40℃近くの高熱が出てかかりつけの小児科へ。 普通の風邪だと...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る