カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. ロタウイルス >
  5. 子どもが乳児冬季下痢嘔吐症になってしまったら…症状と治療法

育児・子供の病気

子どもが乳児冬季下痢嘔吐症になってしまったら…症状と治療法

子どもが乳児冬季下痢嘔吐症になってしまったら、中には命に関わるケースもあるので、早めに病院を受診することをお勧めします。

 

早期発見・治療できるように、乳児冬季下痢嘔吐症の症状や治療について知っておきましょう。

 

乳児冬季下痢嘔吐症の症状

乳児冬季下痢嘔吐症はノロウィルスかロタウィルスの感染によって発症します。

それぞれの症状は以下です。

 

ノロウィルス

感染後24~48時間で発症します。症状は吐き気、嘔吐、下痢、発熱です。これら症状が1~2日続いた後、治ります。

また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。

 

ロタウィルス

感染後2~4日で発症し、激しい嘔吐・下痢(白っぽくて水様)を起こします。吐き気は1~2日で収まりますが、下痢は4~5日続きます。

10人に1人は脱水症状を起こし重症化します。

 

まれに脳炎・脳症を引き起こし、痙攣(けいれん)を起こしたり意識不明に陥ったりすします。後遺症が残る場合もあります。

 

乳児冬季下痢嘔吐症の診断

ノロウィルス

周囲にノロウィルスに感染した人がいるか、二枚貝を食べたか、などの状況から、推定して診療を行うことが多いです。

診断を確定するために便をノロウィルス検査キットで検査する場合もあります。

 

ロタウィルス

ロタウィルスに特徴的な、白っぽい水様の下痢などの症状と、周囲にロタウィルスに感染している人がいるかなどの状況から、推定して診療を行うことが多いです。

便を用いて15~20分程度で結果が判明する迅速診断検査(イムノクロマト法)という検査を行う場合もあります。

 

乳児冬季下痢嘔吐症の治療

乳児冬季下痢嘔吐症は、ノロウィルス・ロタウィルス共に現在有効な抗ウィルス薬はありません。

このため、脱水にならないように水分補給や、体力を消耗させないための栄養補給が主な治療となります。

 

脱水症状がある場合は、病院で点滴治療が必要です。ほかの人への二次感染を予防しながら治療していきましょう。

 

(Photo by:足成

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ロタウイルスに関する記事

冬から春にかけてロタウィルスに要注意

  ウィルス性胃腸炎は、ウィルスに感染して、胃や腸に炎症を起こす病気です。代表...

赤ちゃんに多いロタウイルス感染!~子どもの急性胃腸炎~

急性胃腸炎は、食べ過ぎや飲みすぎ、食中毒やストレスなどが原因で、大人が患う疾患...

ロタウイルスの体験談

恐怖のウィルス性胃腸炎①

大人でも恐いのがウィルス性胃腸炎ですよね。私自身かかったことがなかったのでその恐さはそれまで知りませ...

初めての胃腸炎

年明け早々、息子が胃腸炎にかかりました。 病院に行ったところ、 特にウンチの検査などをするこ...

カラダノートひろば

ロタウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る