カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 子どもが脱水症になりやすい5つの理由 こんな症状があったら脱水症かも…

育児

子どもが脱水症になりやすい5つの理由 こんな症状があったら脱水症かも…

子どもは脱水症になりやすいです。特に乳児や幼児は体調の変化をうまく伝えられないため、良く観察することが大切です。

子どもが脱水症にならないように、脱水症について理解しましょう。

 

子どもの脱水症になりやすい原因

1. 大人より体内の水分量が多い

大人の体内の水分量が60%程なのに対して、新生児の体内の水分量は80%程です。

さらに特徴として細胞内液より細胞外液の方が多いことが挙げられます。これは動く水分が多い、という事です。

 

乳児は70%、幼児は65%、学童になると60%と大人と同じになります。

 

2. 体重あたりの必要水分量が多い

子どもは成長するために、エネルギーが多く必要です。その分水分も消費することになります。

乳児の体重あたりの必要水分量は150cc/kgですが、大人はたった30~40cc/kgで済みます。

 

3. 腎臓の機能が未熟

子どもの腎臓の機能は十分に発達しておらず、薄い尿しか作れません。そのため、水分が失われやすいのです。

 

4. 不感蒸泄が多い

不感蒸泄とは、呼吸や、汗などで気がつかないうちに体の外に出ている水分の事です。子どもはこの不感蒸泄も大人より多いのです。

 

5. 子どもが脱水症になり易い状況

子どもが暑い日に外で遊んでいると、熱中症になり脱水症を起こしてしまうことがあります。

 

また、風邪などにより、嘔吐や下痢の症状があると脱水症になりやすいです。

そのような状況の時は特に注意が必要です。

こまめに水分補給することを心がけましょう。

 

子どもの脱水症の症状

子どもの脱水症の症状は以下になります。

 

・口の中が乾いている、ヨダレが少ない

・食欲がない

・泣いているのに涙がでない

・不機嫌

・発熱しているのに、汗をかいていない

・おしっこの量が少ない

・便が硬い

・目が凹んだ感じがする

 

上記のような症状が見られたら、脱水症の可能性が高いです。

水分補給をこまめにしましょう。水分補給がうまくいかなければ、病院を受診したほうが良いでしょう。 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他の子供の病気に関する記事

乳幼児が結核と診断された!結核と診断されてから治療まで

もしも赤ちゃんが結核にかかってしまったら、どうすればよいのでしょうか?   少...

血管性紫斑病って?子どもの発疹は大事な病気のサイン

血管性紫斑病(けっかんせいしはんびょう)とは、子どもの血管にかかわる病の中で、...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る