カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. 食物アレルギー >
  6. この湿疹…まさかアトピー!?乳幼児の症状の特徴と対処のポイント

育児・子供の病気

この湿疹…まさかアトピー!?乳幼児の症状の特徴と対処のポイント

お子さんを持つパパ・ママなら一度は聞いたことのあるであろう「アトピー性皮膚炎」。

赤ちゃんの湿疹は気になってしまいますよね。アトピー性皮膚炎の症状や対処についてまとめましたので、参考にしてみてください。

 

■アトピー性皮膚炎の症状とは

アトピー性皮膚炎とは、簡単に言えば、よくなったり悪くなったりしながらかゆみが慢性的に続く湿疹のことです。

代表的な症状として、以下のような点が挙げられるようです。

 

・生後1〜2ヶ月の比較的早い段階から、顔面に湿疹が見られる。

・湿疹は徐々に降下し、腹部・手足に広がっていく。

・湿疹部分はじゅくじゅくしている。

・湿疹以外に、全身の乾燥肌や耳切れが見られることもある。

・卵白などに対してアレルギーを起こす場合がある。

・1歳を過ぎる頃には大分落ち着いてくる。

 

ひどいかゆみを伴うため、赤ちゃんは無意識に掻きむしっていまい、湿疹が余計ひどくなってしまいます。

 

■何が原因で起こっているのか

アトピーの原因は様々で、人それぞれです。原因としてとらえられてきたものをいくつか挙げてみます。

 

・食物アレルギー

・ダニ・ハウスダスト

・皮膚の弱さ、乾燥肌

・細菌

・有害化学物質

 

などです。原因を発見するために必要なのは、医療機関の受診と医師の診断です。

上記のようなじゅくじゅく湿疹、身体の異変に気がついた時には、早めに医療機関を受診し、診断を受けて治療を開始しましょう。

 

■自宅での対処のポイントは?

こまめなスキンケアを怠らずに

まずは皮膚を清潔に保つところから始めましょう!

刺激が湿疹を作り出していますので、まずは十分な水分を保つため、保湿剤などを利用してしっかり保湿することが求められます。

 

ローションや軟膏など、生活リズムと合ったものを使うといいでしょう。

アトピー性皮膚炎はよくなったり悪くなったりを繰り返しますので、少しよくなってもすぐ辞めず、様子をみて継続しましょう。

 

かゆみ止めの薬を塗布する

炎症がひどく、湿疹がじゅくじゅくしている時は、かゆみが強く出ることがあります。

このかゆみに大使ては、ステロイド外用剤が処方されるケースが多いようです。回数や塗り方など、医師の判断に従い適切に使用しましょう。

 

下着は肌に優しいものを

木綿などの素材は肌にも優しいので、直接肌に触れる下着の素材には気をつけてあげましょう。

また、洗濯する時には漂白剤などは使わず、洗剤も若干少なめにするとよいでしょう。

 

ダニ・埃への対策を!

生活スペースの絨毯やフローリングだけでなく、普段使っている寝具にも掃除機をかけましょう。

天気がいい時には天日干しにしたり、乾燥機をかけても効果があります。

エアコンのあるお宅は、フィルター掃除が大切です!また、ペットがいるお宅は大変かもしれませんが、ペットの抜け毛などにも注意が必要です。

 

食事制限はアレルゲンがはっきりしているものだけ

むやみやたらに制限をしていては、栄養バランスが偏ってしまう可能性があります。

アレルギーがある、とはっきりわかっているものは制限し、それ以外はまんべんなく食べられるようにしましょう。

 

油などが気になる場合には、煮る・蒸すを中心とした和食料理がヘルシーでおすすめですよ!

 

アトピーに「ならない」予防は難しい

アトピーは体質です。アレルギーが原因となって出てくる症状の1つですから、「ならない」ための予防は現段階では難しいと言えます。

ですが、治らない症状ではありませんので、なったらどう対処していくかが大切になってきます。

 

成長とともに免疫力もアップし、徐々に快方に向かいます。

定期的に医療機関を受診しながらその時々の症状にあった治療を施し、できるだけ早く治療できるようにしてあげましょう。

 

神経質になるとママやパパ・ご家族にストレスがかかってしまい、赤ちゃんの精神的な健康にもよくありません。

神経質になりすぎず、アトピーと付き合ってあげてくださいね! 

 

(Photo by:pixabay 

著者: mana*さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食物アレルギーに関する記事

子どもが食物アレルギーになってしまったら…食物アレルギーの対処法

乳児に多い食物アレルギー…。子どもが食物アレルギーになってしまったら、食べるも...

乳児に多い食物アレルギー!アレルギーの原因と注意が必要な食べ物

食べ物が原因となって発症するアレルギーを、食物アレルギーと言います。 6歳以下...

食物アレルギーの体験談

ママの母乳からアレルゲン食品飲んでませんか?赤ちゃんの肌荒れの原因はアレルギーでした。

息子は産まれて間もないころから乳児湿疹がひどかったです。 病院にいって塗り薬をもらうも、よくなった...

生後8か月で卵・乳アレルギーの反応が!!

アトピーのような症状が生後5か月ごろから長く続いたので、血液検査をしてみることをすすめられました。結...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る