カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. 食物アレルギー >
  6. 乳児に多い食物アレルギー!アレルギーの原因と注意が必要な食べ物

育児・子供の病気

乳児に多い食物アレルギー!アレルギーの原因と注意が必要な食べ物

食べ物が原因となって発症するアレルギーを、食物アレルギーと言います。

6歳以下の乳幼児が患者の80%で、食物アレルギーを持つ子どもは近年増加傾向にあります。

 

特に1歳以下の乳児に多く10人~20人に1人は食物アレルギーだと言われています。

子どもがもしアレルギーになってしまったら…対策が取れるようにしておきたいですね。

 

食物アレルギーの原因について

アレルギーは、体内に入ってきた異物に免疫が過剰に反応してしまい、IgE抗体という蛋白が作られることで始まります。

作られたIgE抗体は目・鼻・肺・皮膚・腸などの粘膜の細胞とくっつきます。

 

再び異物が体に入った時、IgE抗体が反応し、発疹やじんましんなどの原因となる物質を作ってしまい、症状が出るのです。

 

乳児は消化機能が未熟なため、食物のタンパク質を分解しきれず、大きい分子のまま吸収してしまうため、IgE抗体を作りやすいと言われています。

そのため、乳児は食物アレルギーを起こしやすいのです。

 

食物アレルギーで注意が必要な食べ物

食物アレルギーで注意が必要な食べ物として7品目が「特定原材料」として食品衛生法で定められています。

その中でも、鶏卵・牛乳・小麦が3大アレルゲンとされています。

 

鶏卵

鶏卵アレルゲンの多くは卵白に含まれる蛋白質です。しかし、加熱すれば蛋白質が変化するので、食べられる場合もあります。半熟卵や生卵は症状が出る危険があります。

 

また、マヨネーズ、カスタードクリーム、アイスクリーム、マシュマロに使われている鶏卵は十分に加熱されていないので、注意が必要です。

 

牛乳

牛乳は加熱しても、発酵してもアレルゲンの性質は変わらないため、牛乳・生クリーム・ヨーグルト・サワークリーム・チーズなどは注意が必要です。

 

小麦

 小麦はパンを始め、うどん、餃子の皮、カレー粉などなど、様々な加工食品に含まれているので注意が必要です。

醤油の原材料にも小麦が含まれますが醸造の過程でタンパク質が完全に分解されるため、避ける必要はありません。

 

鶏卵・牛乳・小麦の他にもそば、ピーナッツ、えび・カニ、果物が特定原材料に指定されているので、子どもにそれらの食物アレルギーのある場合は、必ず食品表示を確認して、避けるようにしましょう。

 

(Photo by:足成

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食物アレルギーに関する記事

子どもがアトピー性皮膚炎になった…。皮膚の状態とスキンケア法教えます!

アトピー性皮膚炎は皮膚の乾燥と、強いかゆみをともなう湿疹が慢性的に続く特徴があ...

赤ちゃんでも花粉症になる?子供の花粉症の症状や治療法について

 ○ 赤ちゃんは花粉症にならない? つい最近まで、赤ちゃんは花粉症にならな...

食物アレルギーの体験談

ママの母乳からアレルゲン食品飲んでませんか?赤ちゃんの肌荒れの原因はアレルギーでした。

息子は産まれて間もないころから乳児湿疹がひどかったです。 病院にいって塗り薬をもらうも、よくなった...

生後8か月で卵・乳アレルギーの反応が!!

アトピーのような症状が生後5か月ごろから長く続いたので、血液検査をしてみることをすすめられました。結...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る