カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. 食物アレルギー >
  6. 子どもが食物アレルギーになってしまったら…食物アレルギーの対処法

育児・子供の病気

子どもが食物アレルギーになってしまったら…食物アレルギーの対処法

乳児に多い食物アレルギー…。子どもが食物アレルギーになってしまったら、食べるものが制限されてかわいそうだし、何より栄養が不足しないか心配ですよね?

 

もし間違えてアレルゲンの含まれる食べ物を食べてしまったら…。いざという時のために食物アレルギーについて学びましょう。

 

食物アレルギーの症状

食物アレルギーの主な症状は以下です。

 

・皮膚症状(じんましん・発疹・赤み・痒みなど)

・消化器症状(腹痛・嘔吐・下痢など)

・呼吸器症状(気道が腫れて息が苦しくなる・くしゃみ・咳など)

 

二つ以上の症状が急に強く出てしまう事をアナフィラキシーと言います。

血圧が低下し、意識がなくなるショック状態に陥ることもあり、命に関わる場合があります。

アナフィラキシーが見られたら速やかに病院を受診しましょう。

 

食物アレルギーの治療

治療の基本はアレルゲンとなっている食物を特定することから始まります。

アレルゲンを発見し、避けることが出来れば症状の慢性化を防ぐことが出来ます。

 

普段の生活の中で、どのような物を食べた時に症状が出ているのかなどから、アレルゲンを推定して検査を行います。

アレルゲンが特定できれば、その食べ物を避けることが原則です。

 

症状が出てしまった場合には、抗ヒスタミン薬やステロイド軟膏、気管支拡張薬で症状を抑えます。

普段から薬を使うことも予防法のひとつです。

 

食物アレルギーの対処法

食物アレルギーでは、基本的にアレルゲンの食材は食べられません。

特に3大アレルゲンと言われている、鶏卵・牛乳・小麦は料理や調味料に良く使われる食材のため、食品表示をチェックする事が重要です。

 

ありふれている食材だと、タンパク質・カルシウム・炭水化物などの栄養が不足しないか心配ですよね。

他の食材で栄養を補うことは十分可能です。

 

・鶏卵(蛋白質)⇒肉・魚・大豆

・牛乳(カルシウム)⇒牛乳アレルギー用ミルク、小魚、海藻、大豆

・小麦(炭水化物)⇒米、アワ、ヒエ、米粉

 

食物アレルギーは大きくなると自然に治ることが多いので、焦らずに対処していきましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食物アレルギーに関する記事

アレルギーかもと思ったら~食事日記をつけてみよう!

    ■食事日記をつける利点は?食事日記をつけ始めると、いろいろなこと...

アレルギー体質のお子さんを、保育園などに預ける時に気をつけたいこと

 アレルギー体質のお子さんを、ご家庭やお仕事の事情などで、保育所などに預けな...

食物アレルギーの体験談

アトピー性皮膚炎?

5ヶ月後半ごろから首の下、顔周りに赤みとポツポツが出てきました。 それから2ヶ月出たりひいたりの繰...

ママの母乳からアレルゲン食品飲んでませんか?赤ちゃんの肌荒れの原因はアレルギーでした。

息子は産まれて間もないころから乳児湿疹がひどかったです。 病院にいって塗り薬をもらうも、よくなった...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る