カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 発達障害 >
  5. LD(学習障害)とはどんな病気?

育児

LD(学習障害)とはどんな病気?

 

 

発達障害の中のひとつ、LD。

特徴の正しい知識を得て、治療や配慮を行いましょう。

 

○ 学習障害

LDと表記されることもあります(LD:Learning Disorders もしくはLearning Disabilities)。

 

全般的な知的発達に遅れはないにもかかわらず、効く、話す、読み書き、計算などの特定の能力を学んだり、行うことに困難がある状態をいいます。

以前は、言語性LD、非言語性LDという言い方もされましたが、現在は用いません。

 

○ 発達性ディスクレシア

小児期に生じる、特異的な読み書きに関する障害を、ディスクレシアと言います。

 

十分な教育歴と本人の努力があるにもかかわらず、文字を読む能力が著しく劣っており、それに伴い字を書く能力も通常劣っています。

ヒトが文字を使用しだしたのはここ数千年であり、生物の進化には短い時間であることから文字を認識する脳の領域が存在せず、他の代替機能を使い、文字認識の処理を行っています。この脳の領域での処理がスムーズにできずに、文字のスムーズな読み書きができないのが、ディスクレシアの人であるとされています。

アメリカではおよそ1割の人が何らかのディスクレシアとされ、日本でも数%の高い割合で存在するとされています。

 

○ 診断、相談

脳の機能障害ですので、心理学的検査だけではなく、医学的な評価も重要となります。

必要であれば、頭部画像検査なども行われます。

 

ADHDや高機能広汎性発達障害などもある場合は、学業の不振症状などがどれに伴うものか見極めが必要となるため、学校、医療関係者、そして家庭とすべての連携が必要となります。

 

<Photo by http://www.ashinari.com/2011/12/07-354516.php?category=51>

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

発達障害に関する記事

アスペルガー症候群の子の脳の仕組み~なぜその行動をするのか?

アスペルガー症候群の子について理解するためには、まず生まれながらの脳の構造や、...

知的障害や発達障害を残す可能性も!先天性代謝異常とは

    「先天性代謝異常」とは、生まれつき代謝の異常がある病気です。発見が遅れ...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

発達障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る