カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 絶賛ダイエット中だけど、この方法ならケーキ食べてもOKって本当?

美容・ダイエット

絶賛ダイエット中だけど、この方法ならケーキ食べてもOKって本当?

甘いモノの誘惑に打ち勝つのはなかなかの試練です。

ダイエット中こそ「食べちゃいけない」と思えば思うほど、欲しくなりますよね。

 

そんなスイーツ好きに朗報です!

実は、ケーキを我慢しなくてもよい裏ワザがあるんです。

 

低カロリーなケーキはこれ!

ケーキの中でも、低カロリーなケーキを選んで食べましょう。

 

低カロリーなもの

 

・シフォンケーキ

・チーズスフレ

・シュークリーム

・プリン

また、切り分けて食べる量を調節できるロールケーキもいいですよ。

 

高カロリーなもの

 

・パイ

・タルト

・チョコケーキ

・ムース

・生クリームたっぷりショートケーキ  など

 

サワークリームやバターをふんだんに使った濃厚なケーキは、やはりおいしいけど高カロリーなので気をつけないといけないですね。

 

15時のおやつタイムが食べどき!

ケーキは朝食べるのがいい、と聞いたことありませんか?実は、これはとっても危険なんです!

 

朝の空腹時に甘いものは、血糖値が変動するので脂肪の蓄積につながるのです。「朝ごはんにケーキ」は、絶対にやめてください。

 

エネルギー使う15時が理想

 

一日の中で、14時~18時の間が一番体温が高くて、エネルギー消費しやすい時間帯なのです。

ですから、15時のおやつにケーキを食べるとダイエットに影響しにくいので、食べたくなったらおやつタイムに!

 

食後のデザートがいい

 

朝のケーキも、食べ方によります。きちんと朝ごはんを食べて、その食後にケーキを食べるのであれば、大丈夫です。

 

夜までにエネルギーを消費する時間がたっぷりあるから、朝食べるのがいいといわれていますが、ケーキだけを食べるのではなくて、食後のデザートとして食べることで効果があるのです。

 

もっといえば、食後であれば朝昼夕どの時間でもケーキは食べられます。

もちろん、毎食後や毎日など、食べ過ぎはいけませんけどね…。

 

手作りケーキでカロリーオフ!

低カロリーのケーキを選ぶべきとわかってはいても、食べたくなるのはショートケーキだったりしませんか?

そんな悩みは手作りケーキで解消しましょう。

 

太ってしまう原因の生クリーム。

乳脂肪性は100gで433カロリー

植物性だと100gで392カロリー

そこに砂糖も加えて作るので、高カロリーなはずです。

 

おいしいケーキ屋さんのケーキには、乳脂肪性のものが使われていることがほとんどです。

手作りで、植物性を選んで少しでも低カロリーなケーキに。

 

また、豆腐を使ってクリームを作ったりするヘルシーケーキもあるそうですよ。

食べたくなったら、低カロリーな手作りケーキにチャレンジしてみては?

 

我慢はストレスにつながって、ダイエットに悪影響になります。適度にケーキを食べるご褒美タイムを作って、無理なくダイエットしましょう。

 

 

食物繊維の多いケーキならOK!?太りにくいケーキの食べ方・選び方

ダイエットしたい!…でも甘いものは好き…特にケーキは欠かせない!という「甘い」考えをお持ちの方はいませんか?

ダイエットに甘いものは厳禁です。本来ならばダイエット中にケーキはもってのほかでしょう。

しかし、ダイエット中でも食べることができる、太りにくいケーキが存在します。ここではそんなケーキダイエットの方法を紹介します。

 

低カロリーケーキは

まずは、ケーキの種類をあげてみて下さい。ショートケーキ、チョコレートケーキ、モンブラン、ミルフィーユ、チーズケーキetc…、まだまだあがる人もいるでしょう。

これらケーキの種類は材料の観点から考えると大きく3つに分けることができます。

 

炭水化物ケーキ

 

小麦粉、砂糖を多く用いて作られるケーキで、代表的なものがホットケーキです。

 

たんぱく質ケーキ

 

卵・牛乳を多く用いて作られるケーキで、代表的なものではクレープ、シフォンケーキ、プリン、チーズケーキなどがあります。

 

脂肪分ケーキ

 

バター・生クリームを多く用いて作られるケーキで、代表的なものでは、チョコレートケーキ類、ショートケーキ類があります。

 

これらのケーキの中で低カロリーでダイエット中におすすめのケーキは「炭水化物ケーキ」です。逆に最も高カロリーなのが「脂肪分」ケーキです。

 

食物繊維の多いケーキもおすすめです

ダイエット中におすすめなケーキは炭水化物主体で作られているホットケーキなどですが、それ以外でおすすめできるのが食物繊維を多く含んだケーキです。

実は、食物繊維には代謝力アップ、血糖値上昇の抑制、体脂肪合成の防止などの効果があります。食物繊維の多く含んだ食材は、野菜全般をはじめ、ブルーベリー、抹茶、ごま、ナッツ類などがあげられます。

脂肪分が抑えられていて、これらの入っているケーキはダイエットにおすすめです。

 

ケーキを食べるなら朝

お風呂上りや夕食後に食べたいケーキですが、寝る前や夜遅くに食べると太りやすくなります。

しかし、代謝のいい朝に食べると夜までの間に燃焼する時間もあり比較的太りにくくなります。夜に食べるのはぐっとこらえて、明日の朝の楽しみにして眠りにつくといいでしょう。

 

おすすめのケーキ紹介

脂肪分が少なく、炭水化物中心で、食物繊維も多く含まれるケーキが最も理想的ではありますが、少々分かりづらい、選びづらい、という方にズバリおすすめケーキを紹介します。

 

・ホットケーキ

・野菜入りチーズケーキ

・シフォンケーキ

・シンプルなプリン

・シンプルなシュークリーム

・生クリームなしのタルト

 

 これらのケーキがダイエット中におすすめです。できるかぎり朝に食べるようにすれば、ケーキダイエットも大成功でしょう!

 

 

どうしてもお菓子が食べたい…そんなときのひと工夫とは?

ダイエット中でも食べたい、甘いお菓子。我慢をしすぎてイライラが募り、ストレスが溜まる前に、お菓子と上手に付き合いたいものですね。ここではお菓子を選ぶ時のポイントについてまとめてみました。

 

●アイスクリームを買うときは

アイスを買うときは、ミニサイズのものや、ひとりぶんずつ包装されているものを選びましょう。注意したいのはお買い得な箱タイプ。口当たりのよさに、ついつい何個も食べてしまう、なんてことになりかねません。

 

また、乳脂肪分の少ないラクトアイスは、低脂肪なぶん低カロリーのように感じますが、植物性脂肪が多く、アイスクリームとのカロリー差はありません。

 

また、乳製品のアイスクリームよりもシャーベットなど果実加工のものの方が低カロリーです。

 

●プリンを食べるときは

生クリームたっぷりのババロアよりはプリンを、プリンよりはゼリーを選びます。

脂肪分は高カロリーのもと。また、ゼリーよりも寒天のほうがさらに低カロリーになります。

 

●スイーツ代わりにフルーツを

果物は糖分が高いので太りそうなイメージもありますが、フルーツにはクエン酸が豊富に含まれています。クエン酸は、糖の分解酵素を抑え、脂肪をつきにくくしたり、代謝を促すはたらきをします。

 

タッパーなどにグレープフルーツ、メロン、パイナップル、キウイ、いちご、マンゴーなどを切って入れて持っていくと、疲れも取れてカルシウム吸収の助けにもなります。

 

●白砂糖よりも黒砂糖

砂糖は血糖値があがり、体内で脂肪になりやすい栄養素。しかし黒糖は白砂糖にくらべて血糖値の上昇を抑えるはたらきがあると言われています。

 

黒糖をそのまま少量かじったり、黒蜜をデザートにかけるのもおすすめです。

 

●ケーキを食べるなら

ランチの後のデザートを選ぶときなど、ケーキを選ぶ際には、空気をたくさん含んだシフォンケーキを選びます。シフォンケーキのふわふわは、メレンゲにした卵白。使用される小麦粉は少なく、バターも使用されていないので、一般的なケーキに比べて低カロリーです。

 

●素材を気にして

スナック菓子を選ぶ際には、じゃがいもやコーンのものを避けて、ごぼうや豆などの食物繊維が豊富な野菜スナックを選びます。

 

●カロリー表示を見て買う癖を

お菓子を買うときは、食べたい素材、価格と一緒に、カロリーをチェックすることを習慣にします。意外なお菓子が高カロリーだったり、発見が多いものです。

 

「ぜったいに食べない」とガマンしてしまうと辛いお菓子。カロリー表示を参考に、適度な量を取り入れることで、上手に付き合えるようにしたいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

低カロリーで満足感のあるホットミルクのちから~ダイエット中には低カロリー外食を目指そう!~

低カロリーを意識した食事をしていると、満足感を得られなくて辛かったり、空腹が...

カロリーが気になるときに心がけたいアルコールの選び方

     アルコールが大好き、でもカロリーが気になる。そんな人は、カロリ...


知らないと危険!断食中の正しい過ごし方とは?初心者もできるプチ断食方法!一日一食ダイエットとは?

断食ダイエットと言うダイエット法があります。 これは胃などの消化器官を休め...

ダイエット中のコンビニ攻略法!~コンビニで買うことができる低カロリー食品~

コンビニは今や日本人にとって欠かせないものとなっていて、一人暮らしの人だけで...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る