カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 着替え >
  4. 選び方・切り替えタイミング >
  5. 赤ちゃんは体が弱いからママより多く着せるべき? 乳児の着せ方の疑問

育児・子供の病気

赤ちゃんは体が弱いからママより多く着せるべき? 乳児の着せ方の疑問

ママにとって赤ちゃんに衣服を何枚着せるかというのは結構な悩みどころですね。

赤ちゃんは自分で「寒い」「暑い」と言えませんし、真冬や真夏は室内と外出時の気温差もあります。

 

育児書などには「赤ちゃんは大人より1枚少なめ」と載っている事がありますが、果たして本当にそうなのかしら?赤ちゃんは体が弱いからママより多く着せるべきなのでは?と思われるママもいらっしゃると思います。

 

ここでは赤ちゃんには大人より多く着せた方がいいのか、それとも少なく着せた方がいいのかについて調べてみました。

 

赤ちゃんは暑さに弱い

喋れない赤ちゃん。寒い時は泣いたり震えたり顔色が悪くなったりするので分かりやすいですが、暑い時は汗をかくことしかリアクションが取れないため親が気づきにくいのです。

 

そのため、特に暑い時期に体を心配して大人より衣服を多めに着せていると、暑さで不快な思いをさせてしまいがちです。 

 

衣服の枚数は赤ちゃんの様子をよく観察して決める

上記のように暑い時期は特に赤ちゃんの様子に気を配りましょう。汗をたくさんかいていたら大人より一枚少なめにしてあげましょう。

 

寒い時期も赤ちゃんの様子を見て、判断してあげてください。

 

ただし新生児のうちは体温が逃げやすい状態にあるため、暑い時期でも薄手のおくるみなどで全身を包んであげるとよいと思います。

その場合は下着や上着を一枚減らしましょう。 

 

結論としては大人と同じ枚数か、一枚少なめでよい

新生児のうちはまだまだ体温調節が上手くできないため、大人と同じ枚数着せてあげましょう。

しかし生後3ヶ月を過ぎて汗をかく機能が活発になってくる頃は、大人より体温が高くなります。それ以降は大人より1枚少なくしてあげましょう。

 

毛布やタオルケットも衣服1枚と考えますが、生後6ヶ月以降は寝返りが活発になり毛布や掛け布団を剥いでしまうので、掛け布団は無い物と考えて衣服でうまく調整する必要があります。

 

昼は大人より一枚少なめ、夜は大人と同じ枚数着せてあげるとよいでしょう。

 

赤ちゃんは大人より体温調節が未熟で体が弱いものですが、近年は空調が聞いた快適な室内も多いですし、多く衣服を着せる必要はありません。大人と同じ枚数かそれより1枚少なめで過ごしましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

選び方・切り替えタイミングに関する記事

春夏のベビー服…季節に合った素材を選びましょう!

   赤ちゃんは、暑かったり寒かったりを自分で訴えることができません。そのため...

秋-冬生まれの赤ちゃん、初めてのお出かけの時には着るものには注意して!

赤ちゃんの初めてのお出かけは、その多くが生後1か月前後までになると言われてい...

選び方・切り替えタイミングの体験談

かわいい服をたくさん着せたい☆

私は白・黒・ストライプ・ボーダーが好きです。 服もインテリアもほとんどそうです。それに赤とピンクを...

サイズだけじゃない?子供の靴選び。

歩くことが上手になってきて、ファーストシューズを購入していざ公園デビュー! 日に日にどんどん歩ける...

カラダノートひろば

選び方・切り替えタイミングの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る