カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. 食物アレルギー >
  6. 食物アレルギーはどうして起こるの?なりやすい食品もチェック!

育児・子供の病気

食物アレルギーはどうして起こるの?なりやすい食品もチェック!

  

食物アレルギーとは、特定の食品を食べたり飲んだりすることによって起こるアレルギー反応です。

ママやパパ、祖父母などの近親者が何らかのアレルギー性の病気を持っていると、子どもにアレルギー体質が遺伝することもあります。

 

身近にある食物アレルギーは、どのようにして起こるのでしょうか?

 

どんな症状が出るの?

食物アレルギーのほとんどが、即時型アレルギーといわれます。

摂取後数分以内から、多くは20~40分頃に症状があらわれます。

 

症状としては、頻度が多い順に以下のものがあります。

・皮膚症状(じんましん、紅班、かゆみ、血管性浮腫)

・呼吸器症状(せき、喘息、呼吸困難、鼻水)

・消化器症状(吐き気、嘔吐、腹痛、下痢)

 

アナフィラキシーって何?

食物アレルギーの症状のピークは発症後30~1時間で、多くは自然に治ります。

しかし、ごくまれですが症状が急激に進み、アナフィラキシー(激しいアレルギー反応を起こすこと)やショックを起こすこともあります。

医療的な処置が早く必要になります。

 

食物アレルギーが多い年齢

乳幼児は腸管や消化機能が未発達で、食べ物が十分に消化されずに吸収するため、アレルギーが出やすいとされています。

 

有病率は乳幼児で5~10%、学童期で1~2%といわれています。

 

年齢によって原因の食物がちがう?

乳幼児では、頻度が多い順に卵、乳製品、小麦で三大アレルゲンといわれています。

学童期以降は、これらの食物にかわって甲殻類、魚類、ソバ、果物類、種実類などが出てきます。

 

その他にも、大豆や米などもアレルギーを起こしやすくなります。

離乳食を与える時は、必ず少しずつ食べさせ、食後は皮膚をはじめ体に変化がないか観察して下さい。

 

かゆみの原因になりやすい食物

三大アレルギーや大豆、米以外にも、かゆみがあらわれやすい食物があります。

 

ほうれん草、いちご、なすなどはヒスタミン様物質を含み、体内に入るとアレルギーに似た反応を起こします。

やまいも、さといも、キウイ、マンゴーなどはかぶれやすく、口のまわりにつくとかゆみの原因になります。

カレーなどの香辛料は体を温め、かゆみを誘発します。

 

食物アレルギーは身近に起こる病気です。

どのような症状があるのかなど、アレルギーについてしっかり知っておきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食物アレルギーに関する記事

食物アレルギーは治るの?意外とさまざまな治療法がある?!

   特定の食物を食べたり飲んだりすると、体がそれを異物とみなして排除しようと免...

家なら対応できるアレルギー食材の段階的対応 でも学校では…?「完全除去」か「解除」の二択のみ

  給食の時間が一番好きという子どもも多くいると思いますが、食物アレルギーを持...

食物アレルギーの体験談

ママの母乳からアレルゲン食品飲んでませんか?赤ちゃんの肌荒れの原因はアレルギーでした。

息子は産まれて間もないころから乳児湿疹がひどかったです。 病院にいって塗り薬をもらうも、よくなった...

生後8か月で卵・乳アレルギーの反応が!!

アトピーのような症状が生後5か月ごろから長く続いたので、血液検査をしてみることをすすめられました。結...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る