カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 朝にごろごろしている…それは起立性調節障害かも!?

育児・子供の病気

朝にごろごろしている…それは起立性調節障害かも!?

そもそも「起立性調節障害」という言葉を聞いたことがない。

という人は多いのではないでしょうか?

 

症状だけを見ると、意外と当てはまるお子さんがいるかもしれません。

起立性調節障害とはどのような病気なのか、またどのような症状があるのか見ていきましょう。

 

起立性調節障害はこうして起こる

人は立っている状態の時、重力によって下半身に血液がたまります。

その血液を心臓に戻す際、自律神経系の一つである交感神経が興奮します。

これにより下半身の血管を収縮させ、血圧を維持しています。

 

また、副交感神経の活動を低下させ、心臓の拍動を活発化させます。

心臓から送り出す血液量を維持し、血圧を平常に保っているのです。

 

しかし、起立性調節障害では、この代償機構がくるい血圧は低下します。

そのため、脳血流や全身への血流が減り、めまいや立ちくらみなどが起こります。

 

症状とその理由について

おもに以下のような症状があります。

 

・めまい、立ちくらみ

脳血流の減少が原因

 

・すぐ疲れる、疲労からの回復が遅れる

血液による酸素の供給が遅れる

 

・思考力、集中力の低下

脳血流が悪いため

 

・少しの運動で動悸、息切れ

血圧低下で、代償的に心臓の拍動が速くなるため

 

・横になっている

体を横にすると血流が回復し、症状が軽減するため

 

その他にも朝起きられない、うつ症状、頭痛、食欲不振、イライラ、夜寝つけないなどがあります。

 

生活リズムが乱れている?

サーカディアンリズムといって、人には約24時間周期のリズムがあります。

早朝になると、交感神経がはたらき身体を活性化させ、夜になると副交感神経のはたらきで体を休ませるようになっています。

 

しかし、起立性調節障害では、午前中に交感神経が活性化せず、いつまでたってもゴロゴロとしています。

リズムは5~6時間ほど後ろにずれ込むので、逆に夜は交感神経が活性化した状態になり、寝つきが悪くなります。

 

一見、生活リズムが乱れているように見えますが、自律神経のリズムがずれているためなのです。

 

原因がわからない

では、なぜ自律神経の乱れが起こるのでしょうか。

それは、現代の検査ではわからないのです。

しかし、症状に対して治療することはできます。

 

朝にぐずぐずと寝ていませんか?

それは怠けているのではなく、自律神経の乱れからくる起立性調節障害かもしれません。

日常生活にとても大きな支障をきたすため、早急に治療が必要になります。

 

(Photo by:pixabay

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他の子供の病気に関する記事

子供の胸部にへこみがあったら、漏斗胸という病気の可能性

子供の胸に「へこみ」が見られたら…それは漏斗胸という病気かもしれません   漏...

乳児期によくみられる接触性皮膚炎(おむつかぶれ)…痛みとかゆみがつらい!

みなさんは「接触性皮膚炎」という病気をご存知ですか? 一般的に「おむつかぶれ」...

その他の子供の病気の体験談

初めての熱で大慌て!!

上のお兄ちゃんが1才になる前に一度熱を出した時のことです。 いつもより機嫌も悪く、よく泣いていたの...

生後1か月での高熱の怖さ。

二人目が産まれて1か月経ったとき、急に40℃近くの高熱が出てかかりつけの小児科へ。 普通の風邪だと...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る