カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 起立性調節障害は治るの?子どもとの接し方を学びましょう!

育児

起立性調節障害は治るの?子どもとの接し方を学びましょう!

 

起立性調節障害は、日内リズムの乱れが原因で自律神経のリズムが崩れ、さまざまな症状がおこります。

めまいや立ちくらみ、全身倦怠感、朝起きられず夜寝つけない、動悸、息切れなどです。

 

また、日常生活に支障が出るため、うつ状態を引き起こしたり不登校になることもあります。

 

お子さんに思い当たる症状はありませんか?

起立性調節障害の好発年齢は10~16歳で、やや女子に多い傾向にあります。

 

どのような治療をするの?

治療としては、まずは身体的な症状に対して行います。

治療には非薬物療法と、薬物療法があります。

規則正しい生活リズムの回復、塩分を1日10~12g、水分は1日1.5リットル摂取するようにします。

薬物療法は、昇圧剤などを用います。

 

その他、うつ状態や引きこもりも起きやすいので、心のケアが大事になってきます。

治療は上手くいくこともあれば、なかなか上手くいかない場合もあるため、根気よくじっくり治療しましょう。

 

起立性調節障害は治るのか?

日常生活に支障がでないくらいに回復しようとすると、統計的には、1年後の回復率は50%、2~3年後は70~80%です。

しかし、重症度によっても回復の速さは異なるので、一概にはいえません。

 

保護者の理解が大切

朝は怠けているのに、夜は元気に遊んでいる…。

病気ではないのにどうして?と思いますが、それは起立性調節障害という病気が引き起こしているものかもしれません。

 

親や先生がその状態を理解してくれれば、子どもにとっても安心となります。

症状が軽減したり、日常生活を支障なく送れるように回復する可能性が高くなります。

 

学校の先生にも理解が必要

思春期の子どもに起こりやすい起立性調節障害は、親だけでなく学校の先生の配慮も必要になってきます。

必要ならば診断書を書いてもらい、保健室や別室などでらくな姿勢で授業を受けたり、無理な運動をひかえられるようにしましょう。

 

ですが、体調不良でも昼間はなるべく体を横にしないようにしましょう。

散歩程度の運動は有効です。

しかし、歩かずに立っているだけは血流が悪くなるだけなので、ひかえましょう。

 

子どもは、親が理解して自分を信じてくれているとわかったら安心します。

それがいちばんの治療になるのです。

普段から子どもの状態を観察し、何かおかしいと思ったらすぐに診てもらいましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他の子供の病気に関する記事

先天的な心臓の異常…「単心室」の特徴と術後の注意点

単心室は赤ちゃんの先天的な心臓の異常のひとつです。 単心室は心不全など重篤...

フロッピーインファントって何?こんな症状がでたら病院を受診しよう!

フロッピーインファントとは、筋肉が柔らかく、ぐにゃぐにゃしている乳幼児のこと...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る