カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. その他 >
  5. 食中毒??勘違いされやすい食物アレルギー

アレルギー

食中毒??勘違いされやすい食物アレルギー

 

■食物アレルギーは誤解や勘違いの多い病気でもあります。

特に多いのが食中毒との混同です。


食中毒は食べ蓑の中の有害な細菌による中毒症状であり、アレルギーは未消化により未分解のタンパク質の拒絶反応なのですが、この違いを正確に把握することは患者本人にも医者でも難しいのが現実です。

食中毒とアレルギーの違いを判断するには非常に厳密な検査が必要になるでしょう。
たとえば、適切でない調理法や保存法により、細菌が増殖した食べ物を摂取したことによる連続した食中毒となり、アレルギーと勘違いしてしまう場合や、実はアレルギー体質となったのに単なる食中毒と混同して対処が遅れるなど、食中毒とアレルギーの間には間違いがつきものです。


アレルギーと食中毒の違い


アレルギー未分解のタンパク質がアレルゲンとなり発症。
食中毒食もつないで増殖した細菌により発症。


■原因が有害な細菌か、元は無害なアレルゲンかどうかという違いだけであり、症状はお互いに非常に似通っています。
また、食事の際には数多くの食材を同時に調理し摂取することになるので、原因の特定が難しいことも勘違いの一因です。

ですが、食中毒とアレルギーでは対処が全く異なります
できることなら日常の食生活を細かい部分まで記録し、症状が出た際に医者に迅速に情報が伝えられるようにしておけば、対処の遅れは防げるでしょう。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/01/31-375833.php)

著者: 奈々さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

寒暖差アレルギーのたった1つの対策は、温めることにあり!どうやって温めれば効果的?

秋口から多くなってくるのが、寒いところに出ることによって起きる寒冷じんましんで...

アレルゲン除去の際には注意!天然のものなら…と安心しないで!天然添加物にも危険性がある?!

  加工食品のパッケージによくある「合成添加物を一切含みません」という表記は、...


ぞわっと鳥肌がたつ!かゆみを伴う場合には寒暖差アレルギーからのじんましんの可能性が…?

じんましんは膨疹の一種で、簡単に言えば皮膚に出来るぶつぶつです。じんましんの原...

秋の味覚でアレルギー性皮膚炎に!?秋にありがちなアレルギー性皮膚炎の原因

秋のアレルギーといえば、ヨモギやブタクサなどが原因となる花粉症が一般的です。 ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る