カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 腹痛 >
  5. 妊娠中の腹痛。妊娠初期の腹痛はとくにこわい?!

妊娠・出産

妊娠中の腹痛。妊娠初期の腹痛はとくにこわい?!

妊娠中の腹痛は、とてもこわいですよね。

妊娠に腹痛はつきものですが、腹痛の種類によっては、すぐに病院へ行かなくてはならないこともあります。

 

妊娠初期のこわい腹痛

妊娠初期に腹痛が起きると、まず疑うのが流産です。

痛みとしては、ぎゅーっと押される感じの腹痛や、ズキズキと下腹部が痛んだり強い痛みがあると、流産の恐れがあります。

痛みが強くなったり出血がともなうときは、すぐに病院にいく必要があります。

 

他にも、初期には他の場所に着床してしまうことで起こる子宮外妊娠、子宮が大きくなることで、胎盤や絨毛(じゅうもう)がはがれだす絨毛膜下血腫のなどもあります。

いずれも強い下腹部痛が特徴です。 

 

心配のない腹痛

妊娠中の腹痛は、実は日常的にも起こりうる症状です。

 

心配のない腹痛としては、お腹から腰にかけての痛み、張っているような痛み、生理痛に似た痛み、キュッとした軽い痛みなどがあります。

いずれも継続的にずっとは続かないので、少し安静にしているとおさまることがほとんどです。

 

もしもずっと痛かったり、痛みが増すようであれば大丈夫と思わないで、すぐに病院で診てもらった方が安心です。 

 

便秘と下痢

妊娠するまでは便秘や下痢になったことがなかったのに、妊娠したことによりなる人は多くいます。

 

便秘は、子宮が大きくなろうとすることで起きます。

下痢は、ホルモンバランスがくずれることで起きます。

腹痛がひどく、よく考えてみたらもう何日も便がでていなかったり、逆に下痢としてすぐに腹痛が起きることもあります。

 

下痢は、妊娠中になることがかなり多い症状です。

妊娠前までの身体とは違う症状も、妊娠中はたくさん出てきます。

便秘や下痢も、病院に行くと、妊娠中でも飲める薬がもらえるので、無理に我慢しないで薬で治していきましょう。

 

 

妊娠初期の腹痛はこわいイメージですが、心配のない腹痛もあります。

初期ということでまだ安心できない部分が多いので、少しでも気になったら病院にいきましょう。大事にいたる前に気づくことが大切です。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

腹痛に関する記事

妊娠中の不調「お腹の張り・痛み」がつらいアナタへ お腹が張らないために心がけたいコト

妊娠中のお腹の張りは、ほとんどの妊婦さんが経験する症状でしょう。 ですが、...

【妊娠体験談】妊婦の強敵・便秘の対策

妊婦健診では特に異常はなかったのですが、妊娠中は便秘が悪化して苦しかったです...

腹痛の体験談

大変です!トラブルです!!卵巣嚢腫で緊急手術の巻

現在、私は3人目を妊娠中です。3人目にして初めて切迫流産で自宅安静と言われてしまいました。 同...

ノロウイルス?!妊娠中の胃腸炎

夫が15w目に胃腸炎になりました。 牡蠣を食べた翌日、集団で会社の人が腹痛と発熱になったそうで・・...

カラダノートひろば

腹痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る