カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 腹痛 >
  5. 妊娠中の腹痛。妊娠初期の腹痛はとくに怖い?!

妊娠・出産

妊娠中の腹痛。妊娠初期の腹痛はとくに怖い?!

妊娠中に何度かお腹に痛みを感じた経験はありませんか?

妊娠中に起こる腹痛は、赤ちゃんに何かあったのではないかと不安な気持ちになりますよね。

妊娠中に腹痛はつきものですが、妊娠初期に起こる腹痛や症状によっては、すぐに病院へ行かなくてはならないこともあります。

今回は、注意が必要な妊娠初期の腹痛と、日常的に起こる腹痛の症状をご紹介します!

 

妊娠初期のこわい腹痛

妊娠初期に腹痛が起きると、まず疑うのが流産です。

痛みとしては、ぎゅーっと押される感じの腹痛や、ズキズキと下腹部が痛むような強い痛みがあると、流産の恐れがあります。

痛みが強くなり出血がともなう時は、すぐに病院にへ行き医師の診断を仰ぐようにしましょう。

 

流産以外の腹痛を引き起こす原因

流産以外にも腹痛を引き起こす原因があります。妊娠初期は、他の場所に着床してしまうことで起こる子宮外妊娠も、下腹部に強い痛みを感じます。

また、子宮が大きくなることで、胎盤や絨毛(じゅうもう)がはがれだす絨毛膜下血腫も腹痛を引き起こします。

いずれも下腹部に強い痛みを感じるという特徴。痛みが我慢できる程度でしたら、心配する必要はないでしょう。

 

【体験談Pick Up】便秘?下痢?猛烈な下腹部痛

投稿者:ののみんさん

出産を経験してからあの痛みはやっぱり陣痛(初期)に似ていたなぁと思うのですが、その日仕事から帰宅中から謎の下腹部痛に見舞われました。 痛さとしては便秘か?下痢か?という感じで、帰宅後すぐトイレに駆け込みました。

ところが、一向に何か出てくる様子はありません。 「あれ?これって生理痛に似てない?」 と思ったのは、それから1時間ほど後でした。 布団に入って安静に・・・いつもなら、妊娠初期の特徴である睡魔ですぐさま眠ってしまうのですが、痛みがだんだんひどくなり始め眠れなくなってしまいました。

 

中の子に何か・・・!?

そういえば、いつものひどいつわりも感じない・・・ 急に不安になり、あわてて産婦人科に電話しました。 「出血はなく腹痛のみで、温めると若干ましになる」 と告げると、ひとまず横になって安静にし、夜中まで痛みが続くようならば来院してくださいとのことでした。

そんな状態で無理をして来院するほうが、中の子にとっては危険だからだそうです。 とにかく横になって、温めて動かないようにと言われました。 (一部抜粋)

 

心配のない腹痛ってどんなもの?

妊娠中の腹痛は、日常的にも起こりうる症状です。

例えば、お腹から腰にかけての痛み、張っているような痛み、生理痛に似た痛み、キュッとした軽い痛みなどがあります。

 

これらの痛みは、子宮が収縮運用や、赤ちゃんが成長していく中で子宮が大きくなることが原因で起こります。

こういった生理現象からくる痛みは、いずれも少し安静にしていると治ることがほとんど。継続的には続きません。

 

もし気になる時は、椅子に腰をかける、横になるなど体を休めるようにしましょう。 ただ痛みが長時間続いたり、痛みが増したりするようであれば注意が必要です。流産や子宮外妊娠などの兆候を示している可能性があります。

その際は、安易に大丈夫と思わないで、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。

 

腹痛の原因になりやすい便秘と下痢

妊娠中に意外と多い悩みが便秘と下痢。妊娠するまでは便秘や下痢になったことがなかったのに、妊娠したことによりなる人は多くいます。

 

便秘の原因

妊娠すると活発に分泌されるホルモンにより、大腸の働きを抑制させることがあります。

便は、大腸のぜん動運動により、大腸からお尻へ押し出されます。

そのぜん動運動がホルモンの影響で、動きが鈍くなり便が出しにくい状況になってしまうのです。

その結果、便が腸の中でたまり硬くなり、便を出すのに働きが上手くいかず、腹痛を引き起こす原因となるのです。

 

下痢の原因

下痢は、妊婦さんが悩むことの多い症状の一つです。 妊娠によりホルモンバランスが崩れることが、引き金となって症状に現れることがあります。

 

・妊娠によるストレス

妊娠をしたことによる体調や生活の変化、つわりの気持ち悪さが原因で、ストレスが蓄積。

そのストレスを上手く発散ができない状態が続くと、自律神経が乱れていきます。

そしてその結果、胃腸の機能が低下してしまい、下痢の症状に繋がるのです。

 

・運動不足

また、運動不足などによる血行不良も体を冷やすため、下痢の原因になることがあります。

体を動かすことがきつい時期は、肌着や腹巻などを上手に活用して、冷えから体を守るようにしましょう。

 

便秘と下痢を繰り返すことも

妊娠中は、気が付けば何日も便がでていなかったり、逆に急に下痢になって腹痛に襲われたり、便秘と下痢の症状を繰り返すことがあります。

これも妊娠によるホルモンバランスの影響。妊娠中は、妊娠前までの身体とは違う症状がたくさん出てきます。

 

・病院で薬をもらえることも

便秘や下痢も、病院に行くと、妊娠中でも飲める薬がもらえるので、無理に我慢しないで薬で治していきましょう。

体を温めて、便秘・下痢の対策を 便秘と下痢の症状を和らげるのに共通しているのは、体を温めることです。

 

・お腹の周りをしっかり温めて

冷えは血行不良を招き、大腸の働きを弱めてしまいます。お腹周りを温めるよう、肌着や腹巻でカバーをすることをおすすめします。

また、首・手首・足首を温めることは、体を冷えから守る大鉄則。ストールやカーディガン、靴下等をバックに携帯し、寒さを感じたら調整ができるようにしておきましょう。

 

気になる症状があれば、我慢せずに病院へ

痛妊娠初期の腹痛はこわいイメージですが、心配のない腹痛もあります。 痛みが軽い場合や張っている痛み、便秘や下痢の場合は、生理現象の一つなので、様子を見ても良いでしょう。

 

ただしそうは言っても、妊娠初期ということ不安も大きいと思います。 腹痛が続いた時や痛みが増した時は医師の診断を仰ぐようにしましょう。 また便秘や下痢も続くようなら、体に負担がかかってきてしまいます。

 

どちらも我慢をせず、少しでも気になったら病院を受診することをおすすめします。大事にいたる前に体をケアするようにしてくださいね。

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-21掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹痛に関する記事

妊娠中期のお腹周辺の痛みや違和感…これは心配のいらない痛み?それとも心配な痛み?

妊娠中期になって、感じる「お腹」や「足の付け根」の痛み。 大事な大事な赤ちゃん...

胃の不調と関係の深い呑酸!妊婦さんに呑酸が多い2つの理由

妊婦さんの半分以上が経験している呑酸(どんさん)。 呑酸(どんさん)とは、食べ...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

腹痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る