カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. かゆみ >
  5. おむつかぶれになったらどうする?赤ちゃんのすべすべ肌を守ろう!

育児・子供の病気

おむつかぶれになったらどうする?赤ちゃんのすべすべ肌を守ろう!

 

汗ばむ季節や寒い季節は特に注意が必要な「おむつかぶれ」。

もしもなってしまったら・・・対策をお伝えします。

 

おむつかぶれの症状

あせもやアトピー性皮膚炎と似ていますが、おむつがあたる部分が赤くなったり、ポツポツと湿疹ができていたら「おむつかぶれ」です。

夏場はあせもができやすいので、違いがわかりにくい場合もあるそうです。

 

おむつかぶれになると、赤ちゃんは下記のような反応をします。

・おしりを拭くことを嫌がる、泣く

・オムツを交換するときに、お尻の周りを手でさわる、かく

・入浴時など、お尻にお湯をかけたり、お尻にふれることを嫌がる

 

こんなときは、特に注意しよう!

赤ちゃんが下痢をしていたり、長時間外出をしてオムツを交換できずに蒸れてしまうと、おむつかぶれになりやすくなってしまいます。

便がゆるいとき、オムツ交換がなかなかできなかったあとは特に意識をして、こまめに交換したり、お尻を洗って清潔な状態を保ってあげましょう。

 

うちの子は大丈夫?チェックポイント

・オムツのサイズは合っている?

・おしっこだけでもちゃんとお尻を拭いている?

・おしりに赤みが出てはいない?

 

ひとつずつ見直してあげるとよいですよ。

また、オムツのメーカーをかえたら治ってしまう場合もあるそうです。

皮膚の弱い赤ちゃんは特に気をつけてあげたいですね。

 

おむつかぶれになったら

清潔な状態を保つ

おしっこだけでもお尻を拭いてあげたり、こまめに洗ってあげましょう。

また、お尻が湿った状態でオムツをはかせてしまうと、蒸れる原因になります。

 

オムツ交換のときに、ガーゼやタオルで拭いてあげるのもよいでしょう。

清潔な状態を保つように心がけてもよくならない場合は、皮膚科へいきましょう。

 

いかがでしたか。

今のオムツは、本当によく吸水してくれるので、かえ忘れてオムツがパンパンになってることってありますよね。

でも、性能のよさに甘えず、赤ちゃんのすべすべお肌を守ってあげましょうね。

 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

かゆみに関する記事

掻かずに冷やす?子どもが蚊に刺された時の痒みの対処法について

  夏につらい痒みといえば・・・そう!“蚊”に刺されることによる激しい痒みです。...

小さい子どもがかかりやすい!?あせもはかゆみに苦しむ前にケアを!

「あせも」は汗疹、または汗貯留症候群といわれる病気で、汗をよくかく部分にできる...

かゆみの体験談

突然の身体の湿疹に病院へ急ぎました!

 産まれてから乳児湿疹もほとんど出来なくて、あまり肌関係で悩むことはありませんでした。しかし、秋ごろ...

切ない…!湿疹と虫刺されのこと

4月に娘がうまれ、きっと夏にはおむつかぶれやあせもがすごいんだろうなぁと思ったので、一応産前にベビー...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る