カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 夏場は要注意!プール熱って何?感染したらどうすればいいの?

育児

夏場は要注意!プール熱って何?感染したらどうすればいいの?

夏場に流行することが多い「プール熱」をご存知ですか?

症状をよく把握しておきましょう!

 

プール熱ってどんな症状?

プール熱は感染すると、目が充血したり、喉の痛み、高熱といった症状がでます。

高熱は39~40℃の熱が3~7日ほど続くそうです。

 

また、潜伏期間は5~7日ほどあるため、「目に赤みがあるな・・・」「熱っぽいな」と症状に気づいた時にはすでに感染しています。

保育園や幼稚園、小学校など、プール活動が盛んな時期は特に注意が必要です。

 

プール熱の原因となるアデノウィルスは、感染力が強いため、一人が感染するとかなり高い確率で周囲にも広まっていきます。

乳児がいる家は特に注意が必要といえます。

 

プール熱の予防は?

手洗いうがいをしっかりしよう

他の風邪やインフルエンザなどと同様に、手洗いうがいをして予防をしましょう。

 

清潔を保とう

プールの道具や園、学校で使っているタオル、コップなどは毎日洗って清潔を保つことが大切です。

 

目もよく洗おう

顔を洗うときに、目の周りも意識して洗いましょう。

菌を体の中に入れないよう心がけましょう。

 

もし感染したら・・・

感染した場合は、登園停止です。

感染力がとても高いため、家族間でもできるだけ接触を避けたり、タオルを共同で使うことなどは避けてください。

 

熱が下がり、目の充血や喉の痛みなどの症状がなくなって、2日経過したら大丈夫です。(たいていの医療機関は、発熱後2日ほどで登園の許可がでるようですが。)

 

高熱が出るので、脱水症状を起こしやすいです。

意識して水分補給をしましょう。

また、少しでも体を休めて、体力を回復できるようにしましょうね。

 

いかがでしたか。

暑い季節は睡眠不足も重なり、体調をくずしやすいです。

お子さんの体調をよく把握して、元気に夏をのりきりましょう!

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うつる病気に関する記事

冬場の風邪を防ぐ生活上のポイントは?

  冬になると風邪が一気に流行し始めます。小さな子どもが鼻水や咳といった風...

CRPが高い場合に疑われる子供の3つの病気 手足口病・プール熱・ヘルパンギーナ

炎症や細胞の破壊が起きて、3-24時間後に最も増えるC反応性たんぱくの量を測...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

うつる病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る