カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 室内 >
  5. 乳幼児に起こりやすい事故とは?月齢別で確認しよう!

育児・子供の病気

乳幼児に起こりやすい事故とは?月齢別で確認しよう!

  

乳幼児の事故、聞くだけでこわいですよね。

事故は乳児の死亡原因の第5位、幼児の死亡原因の第1位になっています。

月齢別にどのような事故が多いのか、また注意すべき点をお話します。

 

 

新生児~3ヶ月までに起こりやすい事故

この時期の乳児はまだ寝返りができません。

 

・窒息

窒息は0歳児の事故でもっとも多いものです。

やわらかい布団でうつぶせ寝をしている時や、タオルなどが手の届くところにあり、口にしてしまった場合におこります。

 

・やけど

ミルクの温度が熱すぎるという場合が多いです。

その他にも、手の届くところに熱い飲み物がある、シャワーが熱すぎるという原因からも起こっています。

 

4~7ヶ月に起こりやすい事故

この時期の乳児はなんでも口に入れてしまいます。

寝返りもはじまります。

 

・誤飲

乳児の口よりも小さいものは誤飲の危険があります。

特にとがったもの、ボタン電池、タバコなどは危険性が高いです。

 

・転落

4ヶ月頃から寝返りをし始めるので、ベッドやソファからの転落が多いです。

 

8~9ヶ月に起こりやすい事故

この時期の乳児はお座り、ハイハイができるようになります。

 

・転落

階段や椅子などからの転落に注意が必要です。

 

・やけど

自由に動きまわる範囲が広がるので、炊飯器、ヒーターなどによるやけどもおこります。

 

10~12ヶ月に起こりやすい事故

この時期の乳児は、つかまり立ち、ひとり歩きができるようになります。

 

・交通事故

道路でのよちよち歩きをしている時に、交通事故が起きる危険があります。

 

・切り傷、打撲

まだ歩きはじめて間もなく、不安定なので、家具の角などにぶつかりやすいです。

刃物などのいたずらにも注意が必要です。

 

1歳に起こりやすい事故

1歳の幼児は、走ったり登ったりできるようになります。

好奇心や身体能力が活発化してきます。

 

・転落

窓やバルコニーに登って、そこから転落する恐れがあります。

 

・おぼれる

浴槽で転倒し、おぼれる事故の危険が高いです。

 

・交通事故

大人と自転車に二人乗りしているときに、交通事故に合う場合があります。

ヘルメットをかぶっていないと重症化する危険もあります。

 

2歳に起こりやすい事故

2歳の幼児は、階段の上り下りができるようになります。

 

・おぼれる

川やプールなどでおぼれる事故に注意が必要です。

 

・誤飲

ビニール袋の誤飲は窒息の危険があります。

 

・交通事故

三輪車に乗っているときの交通事故にあうことがあります。

 

乳幼児の事故による死亡率は、年々減少傾向にあります。

乳幼児の事故は、大人が注意していれば防げるものばかりです。

起こりやすい事故の特徴を把握して、事故を防ぎましょう。

(Photo by:足成 ) 

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-11-09掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

室内に関する記事

家庭内で発生率が高いタバコの誤飲事故!原因と対処法は?

誤飲事故でもっとも多いのは、厚生労働省の調査の始まった1979年から2013年...

はいはい期の赤ちゃんに危険な家の法則とは?あなたの家は大丈夫?

はいはいをし始めた赤ちゃんは、好奇心のかたまりです。 いろいろなものに興味...

室内の体験談

赤ちゃんと犬との生活

我が家には2匹のチワワがいます。長男とわんこ達の過ごし方にとお互いのスペースについて。試行錯誤しまし...

寝返りが完成!本当に危ない「棒」に注意

おもちゃにスプーン、ストローにハブラシ・・・ 寝返りが完成した時点で、もはや凶器でしかない棒状の何...

カラダノートひろば

室内の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る