カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 風邪 >
  6. ヒトメタニューモウイルスってなに!?乳幼児に多い春の風邪にご用心!

育児・子供の病気

ヒトメタニューモウイルスってなに!?乳幼児に多い春の風邪にご用心!

聞き覚えのないウイルスの名前にはつい身構えてしまいますし、一体どんな病気なのかとママは不安になってしまいますよね。

今回は「ヒトメタニューモウイルス」に感染した場合の症状の特徴や注意点についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

ヒトメタニューモウイルスとは

このウイルスは、気管支炎や肺炎といった呼吸器の感染症を引き起こす原因となるものの一種です。

1~3才の乳幼児の間で流行することが多く、一年中患者は見られますが、特に3~6月にかけて感染者が増大します。

 

一度かかっても免疫がつかないため、数回に渡り感染する可能性があります。

また、大人でも感染することがあり、乳幼児・高齢者は重症化するケースもあるため、感染の際には注意が必要な感染症です。

 

感染後の症状について

症状は普通の風邪と非常によく似ています。

 

・4〜5日の発熱

・1週間程度の咳

・鼻水

 

悪化したり、重症化したりすると、呼吸器症状が強く見られるようになります。

 

・呼吸の時にぜいぜい、ひゅーひゅーという音がする

・呼吸困難になる

 

この場合、気管支炎などを起こしている可能性があります。

 

感染経路と注意点

風邪などと同様、咳やくしゃみなどによる飛沫感染もありますが、どちらかというと手などの接触でウイルスに触れてしまうことによる接触感染が多いようです。

何でも口に持って行ってしまう赤ちゃんは特に注意が必要です。

保育園などに通っている場合には、帰宅時にママが手を拭いてあげたりすると良いでしょう。

 

また、家庭内の感染もおおいにあり得ますので、身近な家具の消毒や、大人の手洗い・うがいの徹底、マスクの着用などで注意しましょう。

 

乳幼児が感染し、重症化してしまった場合には入院などの治療も必要になる可能性があります。

普通の風邪と似通った部分もありますが、できればかからずに済ませたいですよね。

ママ・パパや家庭内での細かな気配りで予防できることもあります。家族みんなで気をつけてあげましょう!

 

(Photo by:pixabay )

著者: mana*さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

台所は薬箱!おうちで治せる病気の前のちょっとした症状

病院に行くほどではないけどちょっと気になる・・・ といった、子供のちょっとした...

風邪予防の落とし穴!子供の風邪予防の正しい方法について

    風邪の予防は、よく“マスク着用・手洗い・うがい”が挙げられますが、た...

風邪の体験談

初めての風邪…対応と薬について

第二子の息子の経験について書きたいと思います。 上の子は3歳の女の子で保育園に通っていました。 ...

完母なのになぜ?!初めての風邪~生後2か月~

生後6か月はママの免疫で守られている赤ちゃん。ウイルスには耐性があるから大丈夫!な~んて油断してはい...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る