カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発疹 >
  5. アレルギー、体調不良、皮膚への刺激…乳幼児のじんましんの原因と症状編

育児・子供の病気

アレルギー、体調不良、皮膚への刺激…乳幼児のじんましんの原因と症状編

大人・子どもを問わず起こりうる「じんましん」。

プツプツと赤い湿疹ができて、かゆみや発熱を伴うこともあるじんましんは、大人であっても子どもであってもつらいものです。


特に子どものじんましんは突発的に起こることも多く、原因がわからないことも多いといわれています。

これは子どもの皮膚が大人より薄く、体質的にも刺激に敏感に反応するためです。

子どものじんましんには複数の原因が潜んでいる可能性が高いようです。


今回はそんな子どものじんましんについて、おもな原因と症状をまとめてみました。


・アレルギー性のじんましん

食べ物や食品添加物、また花粉やハウスダストなどが原因となるアレルギーによって、そのアレルギー反応に伴って起こるじんましんのことです。

 

アレルギー反応が起こると細胞からさまざまな化学物質が放出されるのですが、そのなかのヒスタミンが原因となって皮膚が赤く腫れます。

またヒスタミンはかゆみを感じる神経を刺激するため、かゆみも出現し、じんましんを悪化させる元となります。

 

・体調不良によるじんましん

胃腸や肝臓といった内臓の機能が低下していたり、感染症や風邪にかかって抵抗力が落ちていたりすると、じんましんが出ることがあります。


特に風邪は病気の諸症状を誘発するため、じんましんも出やすいと考えられています。

大人より子どものほうが風邪をひきやすいことも、子どものじんましんが多い理由の一つと言えそうです。

 

・皮膚への刺激によるじんましん

日光の刺激や汗、また草や虫などとの接触により、かぶれてじんましんが起こることがあります。

皮膚の圧迫や擦れなどが原因で出ることもあり、自然の中を軽装で動き回ることの多い子どもは、こうした原因でもじんましんが起こりやすいのです。


・コリン性じんましん

入浴や運動、精神的緊張による汗などが原因となってじんましんが現れることがあります。

じんましんの大きさは小さめで、子どもに多く見られます。

 

じんましんの症状とは

虫さされのように皮膚が部分的に赤く盛り上がり、強いかゆみを伴います。

急に発症してしばらくすると完全に消える場合が多く、ひっかくことで範囲が広がりますが、数時間または一日のうちに消えていくことがほとんどです。

 

また、子どものじんましんは大人のじんましんと異なり、より短期間で治っていきます。

ただし、子どもは大人に比べて細胞が不安定なため、小さな刺激でもじんましんが誘発されやすいといわれています。

 

特に乳幼児や幼児は症状を上手に訴えることが難しいため、常に様子を観察し、症状が出たときには素早く対応してあげたいですね。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

発疹に関する記事

増加傾向にある!?高熱と舌のぶつぶつが特徴的!0~4歳にみられる川崎病

正式名称が「小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」という「川崎病」。原因不明の熱...

無意識にかきむしって悪化することも…乳幼児の汗疹の対処法

乳幼児や幼児の皮膚は大人に比べて薄く、とてもデリケートです。 しかも、大人...

発疹の体験談

乾燥肌!?冬は特に要注意!

我が家の息子は、よく皮膚科にお世話になるのですが・・・ 乾燥肌のようです・・・ 寒くなってか...

乳児の発疹*冬にガサガサ湿疹!原因は乾燥??

冬になり、子供のお腹、背中、ひじ周りに発疹が出来ました。乾燥が原因?オイル塗っているのに、、寒くなり...

カラダノートひろば

発疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る