カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発疹 >
  5. 乳幼児・幼児に多いアトピー性皮膚炎の対処法 ステロイドを使うのは不安…?

育児・子供の病気

乳幼児・幼児に多いアトピー性皮膚炎の対処法 ステロイドを使うのは不安…?

乳幼児や幼児に多い「アトピー性皮膚炎」。

乾燥して赤みを帯びた肌や、ガサガサと荒れた頬に心配になるお母さんも多いことでしょう。

赤ちゃんもかゆがって泣いたり、見ているだけで苦しくなってしまいますね。

 

しかし、早めに医療機関を受診して、適切な処置を続けることで症状はかならずよくなります。

 

そこで今回はそんなアトピー性皮膚炎の対処法についてまとめてみました。

 

治療の中心は「ステロイド」

アトピー性皮膚炎の薬物治療は、ステロイド外用剤や保湿剤を塗ることです。

子どもは皮膚が薄いため、比較的弱い効き目のステロイドでも効果を発揮します。

 

ステロイドを使うことへの不安…

ステロイドと聞くと副作用が心配になったり、効き目が強すぎるのではないかと不安になる人も多いのではないでしょうか。

しかしステロイドは、医師の指示を忠実に守って使う限り、とても有効な薬なのです。

 

症状がおさまってきたからといって勝手に使用を中止したり、間違った使用方法を続けることの方が子どもにとっては負担になるもの。

そのため処方された場合には、必ず医師の指示を守るようにしましょう。

 

かゆみへの対処法

薬物治療を行っていても、患部をかいてしまっては悪化の元です。

しかし小さい子どもには、かかないように言い聞かせるのも難しいもの。

 

そういった場合は医療用のミトンをつけるなどして、物理的にかけない状態にします。

どうしてもかくのが止まらない場合には、抗ヒスタミン作用のある内服薬を服用するなどして対応します。

 

食物アレルギーとのかかわり

直接の原因ではなくとも、食物アレルギーによるかゆみや湿疹が、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させることがあります。

皮膚炎の悪化との関係が明らかな場合には、医師と相談しながら食事制限を行うことがあります。

 

クロモグリク酸ナトリウム(インタール)を食前に服用するよう、指示が出される場合もあるようです。

 

お母さんのストレスは子どものストレスに

すぐに治らないから、またかゆがって泣くのがかわいそうだからといって、お母さんがストレスを感じてしまってはいけません。

お母さんのストレスや疲労は子どもにも伝わり、かえって負担になってしまいます。

 

乳幼児のアトピーは心身の成長とともにかならず軽くなり、免疫力の高まりや皮脂の分泌によって次第に治っていきます。

そのため焦らず、のんびりと構えていることが大切です。

(Photo by:足成 ) 

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-11-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

発疹に関する記事

乳幼児・幼児に多いアトピー性皮膚炎の原因と症状について

大人に比べて皮膚が薄く、デリケートな子どもはさまざまな皮膚疾患が起こり得ます...

夏の流行する感染症とは?

夏は、お子さんの通う保育園や幼稚園で、毎日プールに入ることでしょう。友達と入る...

発疹の体験談

乾燥肌!?冬は特に要注意!

我が家の息子は、よく皮膚科にお世話になるのですが・・・ 乾燥肌のようです・・・ 寒くなってか...

乳児の発疹*冬にガサガサ湿疹!原因は乾燥??

冬になり、子供のお腹、背中、ひじ周りに発疹が出来ました。乾燥が原因?オイル塗っているのに、、寒くなり...

カラダノートひろば

発疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る