カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. とびひ(伝染性膿痂疹) >
  6. 肌が敏感な乳幼児こそ注意したい!伝染性膿痂疹の原因と症状

育児・子供の病気

肌が敏感な乳幼児こそ注意したい!伝染性膿痂疹の原因と症状

大人よりも皮膚が薄く、肌がデリケートな子どもは、アトピーや汗疹といった皮膚湿疹に悩まされることも多いですよね。

症状を上手に訴えられない赤ちゃんの場合には、泣いてアピールすることしかできないので、見ているお母さんもつらいものです。


さて、そんな皮膚湿疹のうち、「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」という病気を聞いたことがあるでしょうか?


今回はそんな伝染性膿痂疹について、原因やおもな症状についてまとめてみました。

 

伝染性膿痂疹(とびひ)

別名の「とびひ」という呼び方の方が、聞き覚えがあるという人もいるかもしれません。

その名の通り、伝染性の皮膚湿疹で、湿疹をかきこわすと別の場所に水疱が「飛び火」することから、「とびひ」と呼ばれています。


水疱性膿痂疹と痂皮性膿痂疹

伝染性膿痂疹には、大きく分けて2つの種類があります。

「水疱性(すいほうせい)膿痂疹」と、「痂皮性(かひせい)膿痂疹」です。


・水疱性膿痂疹の原因

伝染性膿痂疹の多くはこの水疱性膿痂疹です。

黄色ブドウ球菌が原因となり、06歳の乳幼児に多いとされています。


夏に起こることが多く、虫刺されやあせも、すり傷などをかきこわすことによって、原因となる黄色ブドウ球菌が入り込み、毒素を出しながら増殖します。

この毒素が水疱を作る原因となります。

 

水疱性膿痂疹の症状

かゆみを伴いますが、発熱はあまりありません。

水疱ははじめのうちは透明ですが、次第に膿がたまり、膿疱になります。

これは簡単に破れ、中の液体が触れた部分へと増えたり、広がったりします。


・痂皮性膿痂疹の原因

水疱性膿痂疹に比べると感染者は少ないですが、季節や年齢に関係なく発症し、成人にも多く見られます。

また、アトピー性皮膚炎の人にできやすい傾向があります。

 

原因となるのは溶連菌(連鎖球菌)ですが、黄色ブドウ球菌とあわせて感染することもあります。


・痂皮性膿痂疹の症状

赤く腫れた部位に、小さな膿疱や厚いかさぶたができます。

発熱やリンパ節の腫れ、また咽頭痛などの全身症状をともなうこともあります。

 

このような症状が見られたら、お子さんはとびひの可能性があるかもしれません。お子さんの症状を注意して確認してください。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

とびひ(伝染性膿痂疹)に関する記事

自己判断は禁物!とびひの治療と注意点をチェックしよう!

とびひは皮膚にできた傷に細菌が感染し、水泡ができる病気です。 破れて化膿すると...

感染力が強く他人にも感染してしまう!?とびひってどんな病気?予防法とは?

正式には伝染性膿痂疹という病名で、次から次へとうつり広がりますのでとびひと呼...

とびひ(伝染性膿痂疹)の体験談

とびひになってしまった!

こどもは「とびひ」になりやすいと聞きます。 皮膚の抵抗力が弱いからだそうです。 そして、高温多湿...

とびひは早い治療が大事!

うちの長男はアレルギーを持っていることもあってか、肌も弱く… 特に夏は汗をかくと肌を掻いてしまい、...

カラダノートひろば

とびひ(伝染性膿痂疹)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る