カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 気管支炎 >
  6. 赤ちゃんにはつらい呼吸器症状…急性気管支炎の特徴と注意点

育児・子供の病気

赤ちゃんにはつらい呼吸器症状…急性気管支炎の特徴と注意点

気管支炎とはどんな症状かご存知ですか?

風邪の時などに診断を受けることも多いと思います。特に小さな赤ちゃんの場合は、どうやって対処すべきか悩んでしまいますよね。

まずは症状の特徴や注意点をしっかりおさえておきましょう!

 

■急性気管支炎とは

そもそも気管支ってどこ?

喉のあたり、と思っている方が多いかもしれません。

実は、咽頭から気管が伸びて、左右の肺に分かれていく部分、細長い管のことを気管支と呼びます。

 

空気の通り道であり、呼吸の度に塵や微生物を含んだ空気が通過するため、粘液などがその侵入を防ぎ、腺毛が働き咳と共に体外に痰として排出する役目を果たしています。

 

ウイルスが原因の炎症反応

風邪にかかたりしてウイルスに感染することにより、気管支の部分に急性の炎症反応が起きます。

この際、痰の絡む咳や発熱などを伴います。この症状のことを「急性気管支炎」と呼びます。

 

■対処のポイント

薬は医師の指導に従って

特効薬などがある訳ではないので、現在出ている症状を和らげる緩和療法になります。

医師が診断に基き、必要な薬を処方してくれるはずですから、ママは用法・用量についてしっかり理解し、お薬を管理してあげましょう。

 

多くは風邪からの感染ですが、小さな子どもの場合はマイコプラズマやクラミジアの感染症が疑われることもあります。

この場合は抗生剤が処方されることもあると思います。

 

水分・栄養補給をしっかり

咳が長く続くと、小さな赤ちゃんは呼吸もつらそうでかわいそうですよね。

乾燥すると咳がひどくなりますから、加湿器などを適度に利用して室内の湿度を保ってあげましょう。

 

また、脱水にならないよう水分補給をしっかりしてあげてください。

授乳期の赤ちゃんはミルクのみならず、白湯やベビー麦茶などもこまめにあたえてあげるとよいでしょう。

この場合は、授乳の間隔もあまり神経質にならず、赤ちゃんの機嫌のいいときなどにしてあげましょう。

 

場合によっては再受診を

咳症状が収まらなかったり、高熱が出たりと症状に変化があった場合は医療機関を再度受診しましょう。

乳幼児の場合は特に、呼吸困難を起こしたりして重症化してしまうケースもあります。

悩まずに心配事があれば受診し、医師の判断を仰ぎましょう。

 

■まずは風邪にかからないよう家族みんなで注意を

気管支炎は、風邪などのウイルスに感染することが原因で引き起こされる炎症です。

喉の症状は赤ちゃんにとって非常につらいものです。できればかからずに済ませたいですよね。

 

外出の多い大人は、人混みを避ける、帰宅時のうがい・手洗いなどを徹底する、などご自分がまずは風邪にかからないよう注意しましょう。

それが、赤ちゃんへの二次感染を防ぐ大きな予防になります。

 

また、インフルエンザが原因となる場合もあります。

インフルエンザは乳幼児でも予防接種を受けることが可能ですから、他の予防接種のスケジュールと照らし合わせながら、可能なら受けておきたいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

気管支炎に関する記事

2歳未満の乳幼児の発症が多い!重症化が心配な細気管支炎…ケアの3ポイント

  乳幼児に発症することが多く、かつ重症化するケースも多い細気管支炎。 診断...

6ヶ月未満の乳児は重症化の危険も!乳児に多い気管支炎「細気管支炎」

  乳児に多い気管支炎が、細気管支炎です。対処が遅れると重症化することもある、...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

気管支炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る