カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 気管支炎 >
  6. 赤ちゃんの止まらない咳が心配…急性気管支炎にかかったら?ケアのポイント

育児・子供の病気

赤ちゃんの止まらない咳が心配…急性気管支炎にかかったら?ケアのポイント

咳が止まらず機嫌が悪い…医師からは気管支炎との診断が!

小さな赤ちゃんは咳などで呼吸がつらいと授乳もうまくいかなかったりして、ママとしては心配ですよね。

 

赤ちゃんが気管支炎にかかってしまった時の、対処のポイントについてまとめました。

 

赤ちゃんが気管支炎にかかった…対処ポイント

まずは風邪症状の緩和を

気管支は空気の通り道です。

ウイルスなどに感染して風邪を引いたことが原因で、この気管支に炎症が起こり、咳や呼吸困難を引き起こします。

 

直接効くような特効薬はありませんが、症状を緩和するために、必要があれば薬が処方されているはずです。

医師の指導に従い、用法・用量を守って服薬させ、できるだけ早く風邪症状を落ち着かせてあげましょう。

 

脱水にならないよう水分補給を

発熱したり、咳が原因で嘔吐したり、また消化器症状が出て下痢などが出ている場合、赤ちゃんは脱水になってしまう可能性があります。

 

授乳期の赤ちゃんは特に、咳がひどいと機嫌が悪くうまくミルクも飲んでくれないことがあります。

そうすると、脱水・栄養不足になってしまいます。

 

この場合には、授乳の間隔にあまり神経質にならず、赤ちゃんの機嫌がいいとき、欲しがるときに、ミルクに限らず白湯やベビー麦茶とあわせて、こまめに少量ずつ与えてあげるといいでしょう。

幼児の場合は、スポーツドリンクやフルーツジュースなどでもよいでしょう。

 

お風呂は避けてシャワーや体拭きで済ませて

汗をかいているとお風呂にいれてあげたくなりますが、赤ちゃんにとってお風呂は体力を消耗してしまいます。

 

熱すぎない温度のシャワーか、濡らしたタオルで体を拭いてあげると体がすっきりします。

こまめに拭いてあげると、赤ちゃんの機嫌も少し落ち着くかもしれません。

 

息苦しそうな時は体勢を変えてあげよう

咳が出ている時は、横になっているよりも上体を起こしている方が楽な場合があります。

お座りできる赤ちゃんはクッションで支えてあげたり、ママに抱っこして座らせてあげましょう。

お座りが難しい時は縦抱きにしてあげるなど、体勢を少し変えてあげましょう。

 

乳幼児は重症化するケースも…再受診も考えて

小さな赤ちゃんの場合、咳がひどく呼吸困難に陥ったりして重症化するケースがあります。

咳がおさまらない、咳がひどくて眠れない・水分補給ができない、高熱が出たなど、それまでの症状と違った様子が見られた場合には、再度医療機関を受診しましょう。

 

赤ちゃんを守るために家族ができること

まずは風邪のウイルスを家庭内に持ち込まない

気管支炎の多くは、風邪のウイルスが原因で引き起こされます。

赤ちゃん自身が風邪にかからないよう、まずはご家庭の皆さんが風邪をひかない、二次感染を防ぐ努力をしましょう。

 

うがい・手洗いの徹底やマスクの着用など、外出時に気をつけられることはたくさんあります。

細やかな気配りが赤ちゃんを守ることに繋がりますので、ぜひ気をつけてあげましょう。

 

もし煙草を吸う人がいたら治療中は控えて

大人でももちろんそうですが、煙草の煙は喉によくないものです。

赤ちゃんの前では吸わないようにしている、という気配りは大切ですが、煙はどこから侵入してくるかわかりません。

換気などで窓を開けることもありますし、治療中は特に、可能であれば喫煙を控えてあげましょう。

 

気管支炎が完全に治るまでは、1~2週間をみて

発熱は比較的早めに落ち着きますが、気管支の炎症で咳が続いている場合は、おさまるまで1~2週間かかることがあります。

室内の環境や水分補給など、少し長い目で見て、ママは赤ちゃんのケアを続けてあげてくださいね!

 

(Photo by:pixabay

 

著者: mana*さん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

気管支炎に関する記事

赤ちゃんにはつらい呼吸器症状…急性気管支炎の特徴と注意点

気管支炎とはどんな症状かご存知ですか? 風邪の時などに診断を受けることも多...

乳児・幼児に多い「気管支炎」かかってしまったらどうする?自宅でできるケア

子どもの咳がひどかったので、病院に連れていったら気管支炎と診断された…という...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

気管支炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る