カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 急性化膿性中耳炎と慢性化膿性中耳炎、何が違う?原因と症状解説!

育児・子供の病気

急性化膿性中耳炎と慢性化膿性中耳炎、何が違う?原因と症状解説!

「化膿性中耳炎」という病気を、聞いたことがあるでしょうか?

「化膿性中耳炎」とは、乳幼児に起こりやすい耳の病気で、大きく二つに分けて「急性化膿性中耳炎」や「慢性化膿性中耳炎」があります。

急性化膿性中耳炎が繰り返されることで慢性化膿性中耳炎になるため、この二つの病気の原因や症状、そして病気の経過を理解しておくことはとても重要です。


今回はそんな化膿性中耳炎について、急性化膿性中耳炎と慢性化膿性中耳炎に分けて原因とおもな症状をまとめてみました。


・急性化膿性中耳炎の原因

急性化膿性中耳炎は、風邪をひいた乳幼児に起こりやすい病気です。

 

ほとんどの場合、風邪をひいたあとにのどや鼻にいるウィルスや細菌が、耳管を通って中耳に感染することで起こります。

このとき最近の侵入経路となる耳管が乳幼児期には短くて太く、直線的なため、鼻やのどから原因菌が簡単に侵入してきてしまうのです。

大人に比べて抵抗力も弱いため、乳幼児に多い病気だといえます。

 

また、副鼻腔炎など、鼻の粘膜に炎症を起こす病気が誘因となる場合もあります。


・急性化膿性中耳炎の症状

症状は発熱と、激しい耳の痛みが中心です。

特に小さな子どもの場合、症状がうまく訴えられずにぐずったり、耳に手をやったりします。

炎症が進むと中耳に膿がたまり、それが耳だれとして外に出てくることがあります。


のどの痛みや鼻汁、鼻づまりが長引き、それがおさまっても再び発熱したり、ぐずりが続く乳幼児の場合はこの病気を疑いましょう。

 

・慢性化膿性中耳炎の原因

急性化膿性中耳炎がひどくなると、鼓膜に穴があき、中の膿を出して炎症を治そうと体がはたらきます。

この穴は自然に閉じますが、中耳炎を繰り返したり、治り方が不十分だと、この穴が閉じなくなって慢性化膿性中耳炎になります。


つまり慢性化膿性中耳炎の原因は、急性化膿性中耳炎になったときの治療が不十分であったためといえるのです。


・慢性化膿性中耳炎の症状

鼓膜にできた穴から細菌が入り、膿が出て耳だれとなったり、じくじくしたりします。

穴のために伝音難聴が生じますが、穴が小さい場合には難聴は軽度です。

穴が大きくなって感染が続くと、耳鳴りを引き起こして聞こえがさらに悪くなります。

 

急性化膿性中耳炎になったときにしっかりと治療をすることで、こうした事態は防ぐことが可能だといえます。

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

乳幼児がかかりやすい急性中耳炎の症状と治療法とは?

子供の病気は主にウイルスや細菌感染により内臓に様々な症状を発生させるものが多...

「ピエール・ロバン症候群」…顔の奇形でも予後は良好、普通の子と同じに生活していけるの?

原因不明の病気のひとつにピエール・ロバン症候群という病気があります。この病気...

耳・鼻・口・喉の体験談

子供の鼻水事情

突然ですが、お子さんは鼻って丈夫ですか?…って、意味がよくわかりませんよね。 失礼しました。 我...

子供の中耳炎◇ぐっすり眠れるツボを教えてもらいました!

急に日記みたいなことを書きますが、良いことを教えてもらったので皆さんにもおすそ分けしますね! ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る