カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 赤ちゃんよりも幼児や学童期の子どもがかかりやすい!滲出性中耳炎の原因と症状

育児・子供の病気

赤ちゃんよりも幼児や学童期の子どもがかかりやすい!滲出性中耳炎の原因と症状

大人に比べて発達が未熟な子どもの場合、鼻や耳といった耳鼻咽喉科領域の病気が多く起こり得ます。

「滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)」もそのうちの一つです。

 

基本的に、乳幼児や幼児であれば、それほど積極的な治療が必要になる病気ではありませんが、場合によっては、発見の遅れによって難聴が進行してしまうこともあります。

 

今回はそんな滲出性中耳炎について、原因とおもな症状をまとめてみました。

 

滲出性中耳炎とは

風邪をきっかけに中耳に耳水がたまっている状態が中耳炎です。

この耳水が急激に増えて、痛みや耳だれが見られるのが「急性中耳炎」であるのに対し、耳水の分泌はそれほど多くなく、軽い難聴だけが見られるのが「滲出性中耳炎」です。

 

 

滲出性中耳炎の原因

扁桃炎やアデノイドの化膿など、のどの炎症が起きる病気のあとや、耳に炎症が起きる病気のあとにかかりやすい病気で、急性中耳炎から移行することも少なくありません。

 

風邪が長引いて鼻をかみすぎることによって、鼻水がじわじわと耳のほうへ入っていくことも原因になります。

 

 

赤ちゃんよりも幼児や学童期の子どもがかかりやすい

赤ちゃんは耳管が細く短いため、菌が入りやすく中耳炎になりやすい反面、分泌液も排出しやすいため、耳水がたまりにくいといわれています。

 

それに対して、幼児はだんだん耳管が細長くなり、膿が出づらくなるため滲出性中耳炎を発症しやすくなります。

 

 

滲出性中耳炎の症状

鼓膜の内側に膿がたまる急性中耳炎とは違い、痛みや高熱はありません。

ただし鼓膜のふるえが鈍くなるため、耳の中が詰まったような感じがしたり、聞こえが悪くなるなど軽度の難聴のような症状が出ます。

 

 

症状の見極め方

本人も痛みやつらさを感じず、なんとなく不快だという状態なので、症状を訴えてくれることはほとんどありません。

 

子どもがしきりに耳を気にしたり、小さい声で名前を呼んだときに一度で振り向かない、テレビにかなり近づいて見る、テレビの音量を大きくしたがるなどの様子が見られたら、一度耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

子どもに増えている花粉症…予防が一番大事です!

  子どもがかかりやすい鼻に関する病気で、近年数を増やしてきているのが花粉症で...

「ピエール・ロバン症候群」…顔の奇形でも予後は良好、普通の子と同じに生活していけるの?

原因不明の病気のひとつにピエール・ロバン症候群という病気があります。この病気...

耳・鼻・口・喉の体験談

子供の鼻水事情

突然ですが、お子さんは鼻って丈夫ですか?…って、意味がよくわかりませんよね。 失礼しました。 我...

子供の中耳炎◇ぐっすり眠れるツボを教えてもらいました!

急に日記みたいなことを書きますが、良いことを教えてもらったので皆さんにもおすそ分けしますね! ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る