カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. アレルギー性鼻炎を放置しないで!乳幼児の滲出性中耳炎の対処法

育児・子供の病気

アレルギー性鼻炎を放置しないで!乳幼児の滲出性中耳炎の対処法

鼻や耳の異常を訴える子どもが多いのは、大人に比べて子どもの鼻や耳は発達が未熟なためです。

「滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)」も、そういった理由から起こる子どもの耳の病気のひとつです。


基本的に、乳幼児や幼児であればそれほど積極的な治療が必要になる病気ではありませんが、場合によっては発見の遅れによって難聴が進行してしまうこともあります。

子どもにとっても不快な状態なため、この病気が疑われる様子が見られたら、まずは楽観視せずに一度受診しましょう。


さて、今回はそんな滲出性中耳炎について、治療方法や対処法などをまとめてみました。

 

滲出性中耳炎の治療方法

症状がおもに軽度の難聴のため、難聴を取り除くことが治療の最大の目的となります。


まずは抗生物質や抗炎症剤を使って治療しますが、治りにくい場合には外科的な治療が必要となります。

耳管の通りをよくする通気療法をしたり、鼓膜を切開して中にたまった滲出液を取り除いたりします。


再発の可能性が高い滲出性中耳炎には…

切開して滲出液を取り除いても、切開した穴がふさがれば再び滲出液がたまってしまう場合があります。

何度も繰り返す場合には鼓膜に12ミリの切れ目を入れ、チューブを入れて鼓膜にはめます。

このチューブで穴がふさがらないようにするのです。


根本的解決のために

中耳炎を起こしやすくしている鼻やのどの病気など、根本的な解決をしなければ再発を起こす可能性があります。

アレルギー性鼻炎や喘息、あるいは風邪をひきやすかったりなど、これらの治療を根気よく続けることが重要となります。

 

ほとんどの場合は自然に治癒する

軽度の難聴があってもほとんどは自然に治癒するため、乳幼児や幼児であれば通常は積極的な治療の必要はありません。

 

ただし、学校に通う年齢の子どもの場合、長引く難聴は授業の妨げとなります。

そのため、しばらく様子を見て長引きそうな場合には、積極的に耳鼻咽喉科を受診されるようお勧めします。

 

滲出性中耳炎を予防するには

予防にはまず、風邪を長引かせないこと、アレルギー性鼻炎を放置しないことが大切です。

せき、鼻水、のどの痛みなど、風邪の諸症状を放置することで耳管にも炎症が進み、急性中耳炎を起こし、やがて滲出性中耳炎になってしまいます。

 

再発しやすい病気のため、まずはかからないよう普段から予防を心がけることが重要なのです。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

耳・鼻・口・喉に関する記事

赤ちゃんが咳・鼻水・くしゃみをしている!これは風邪?病院に行くべき?

生まれたばかりの赤ちゃんが咳・鼻水・くしゃみをしていると風邪をひいてしま...

赤ちゃんよりも幼児や学童期の子どもがかかりやすい!滲出性中耳炎の原因と症状

大人に比べて発達が未熟な子どもの場合、鼻や耳といった耳鼻咽喉科領域の病気が多...

耳・鼻・口・喉の体験談

子供の鼻水事情

突然ですが、お子さんは鼻って丈夫ですか?…って、意味がよくわかりませんよね。 失礼しました。 我...

子供の中耳炎◇ぐっすり眠れるツボを教えてもらいました!

急に日記みたいなことを書きますが、良いことを教えてもらったので皆さんにもおすそ分けしますね! ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る