カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. デリケートな乳幼児の耳!外耳炎の原因と症状を知っておこう

育児・子供の病気

デリケートな乳幼児の耳!外耳炎の原因と症状を知っておこう

「外耳炎(がいじえん)」という耳の病気を聞いたことがあるでしょうか?

 

もともと耳の穴の皮膚は非常に薄く、少しの刺激で傷がついたり荒れたりしやすいのですが、大人より皮膚の薄い子どもの耳はとてもデリケート。

大人よりも、鼻や耳といった耳鼻咽喉科領域の病気にかかりやすく、外耳炎もそんな病気の一つです。

 

症状を上手に訴えられない乳幼児や幼児の場合、普段から様子をよく観察して早めに病気に気付いてあげたいもの。

そこで今回はそんな外耳炎について、原因やおもな症状をまとめてみました。

 

外耳炎とは

外耳道炎(がいじどうえん)とも呼ばれ、耳の穴から鼓膜までの「外耳」の部分に炎症が発生する病気です。

炎症は、耳にできた傷から細菌が入ることによって起こります。

 

外耳炎の原因

耳掃除でできたひっかき傷や、湿疹をかきこわしてできた傷から、細菌が入って炎症が起きることによって外耳炎となります。

 

乳幼児の外耳炎

とくに乳幼児の場合、アトピー気味の赤ちゃんが自分の耳の入り口の湿疹をかきこわしてしまい、化膿させるケースが多く見られます。

また中耳炎で鼓膜がやぶれてしまった場合にも、外耳炎になることがあります。

 

外耳炎のおもな症状

症状はおもに耳の痛み、耳だれ、耳のかゆみ、耳のヒリヒリ感や発熱があります。

耳の痛みは、とくに耳を引っ張ったり押したりしたときに強く生じます。

また耳のヒリヒリ感は、耳が熱を持ったように感じることがあります。

 

子どもの耳から悪臭がしたり、耳の入り口にカサカサとした膿が見えた場合には外耳炎を疑っていいでしょう。

とくに乳幼児の場合、少し耳に触れただけでも、痛みを感じてひどく泣きだします。

 

発熱はあまり高い熱ではありませんが、微熱が出ることがあります。

 

症状の進行に注意

症状がひどくなると、食事で顎を動かしたり噛んだりするだけで耳が痛んだり、場合によっては耳の骨の変形や顔の腫れなどが起こります。

 

腫れがひどくなると、耳鳴りや難聴が起こることもあるので注意が必要です。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

耳・鼻・口・喉に関する記事

再発しやすいので気をつけたい!乳幼児・幼児の化膿性中耳炎の対処法

「化膿性中耳炎」は乳幼児に起こりやすい耳の病気で、大きく二つに分けて「急性化膿...

赤ちゃんが咳・鼻水・くしゃみをしている!これは風邪?病院に行くべき?

生まれたばかりの赤ちゃんが咳・鼻水・くしゃみをしていると風邪をひいてしま...

耳・鼻・口・喉の体験談

特徴的な咳には要注意!!こどものクループ症候群

次男が1歳の頃、初めてクループ症候群にかかりました。 微熱程度で、軽い風邪かな??と思い、元気...

子供の鼻水事情

突然ですが、お子さんは鼻って丈夫ですか?…って、意味がよくわかりませんよね。 失礼しました。 我...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る