カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 幼児の外耳炎の対処法…切開が必要になる場合も?外耳炎は再発する?

育児・子供の病気

幼児の外耳炎の対処法…切開が必要になる場合も?外耳炎は再発する?

今回は、耳の病気である「外耳炎(がいじえん)」について、その治療方法を中心にまとめてみました。

 

もともと耳の穴の皮膚は非常に薄く、少しの刺激で傷がついたり荒れたりしやすいのですが、大人より皮膚の薄い子どもの耳はとてもデリケート。

大人よりも、鼻や耳といった耳鼻咽喉科領域の病気にかかりやすく、外耳炎もそんな病気の一つです。

 

お母さんが基本的な知識をしっかりと持つことで、子どもへの負担を少しでも減らしてあげたいですね。

 

外耳炎の治療方法

外耳炎の治療の基本は、消毒と抗生物質の内服です。

まず吸引器や脱脂綿などを使って、感染による分泌物などを外耳道から取り除きます。

分泌物が多い場合にはそれによって外耳道がふさがれ、難聴になっていることがあるため、この作業で聴力の回復が見られることもあります。

 

その後、飲み薬として抗生物質の使用を一週間程度行います。

必要に応じて、軟膏や点耳薬が処方されることもありますが、症状があまり重くないうちであればこれらの処置で治ることが多いようです。

 

切開が必要になる場合も

患部に「おでき」があり、それが腫れて膿んでしまい、強い痛みがある場合には切開して膿を出す処置が必要になります。

膿が出てしまえば、強い痛みはやわらぎます。

 

回復するとかゆがりますが、かかせないように気をつけましょう。

 

外耳炎は再発する?

アトピー体質の場合には耳をかゆがり、それが原因で外耳炎を繰り返す場合があります。

そういった場合は、予防の意味でかゆみ止めの薬を内服させたり、抗アレルギー剤などを長期にわたって内服させることもあります。

 

また、乱暴な耳かきによって耳に傷がつくと外耳炎のもとになりますので、普段から優しいケアを心がけましょう。

 

外耳炎は放置してもいいってホント?

外耳炎は、炎症の状態が軽ければ23日程度で自然に治ることが多い病気です。

 

しかし炎症の状態が重いのに放置すると、リンパ腺炎などを起こす可能性があります。

耳の裏側に膿がたまって、切開が必要な状態になりかねません。

 

そうなると子どもへの負担も大きなものになりますので、楽観視せず、かならず一度医療機関を受診するようにしましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

耳・鼻・口・喉に関する記事

子どもの急性中耳炎の対処法

耳の空気の抜け道である耳管に菌が入ることが、中耳炎の始まりと言われています。...

耳垢が耳の中に溜まってしまう「耳垢栓塞」とは?

  耳の病気には難聴や外耳道炎などがあります。そして、耳垢塞栓も耳の病気のひと...

耳・鼻・口・喉の体験談

子供の鼻水事情

突然ですが、お子さんは鼻って丈夫ですか?…って、意味がよくわかりませんよね。 失礼しました。 我...

子供の中耳炎◇ぐっすり眠れるツボを教えてもらいました!

急に日記みたいなことを書きますが、良いことを教えてもらったので皆さんにもおすそ分けしますね! ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る