カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎何が違う?乳幼児特有の原因と 症状の見極めかた

育児・子供の病気

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎何が違う?乳幼児特有の原因と 症状の見極めかた

「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」という鼻の病気を、聞いたことがあるでしょうか?

子どもに多い鼻の病気で、これが慢性化するといわゆる蓄膿症となります。

蓄膿症といえば風邪の延長線上にある病気なので、長引く鼻水や鼻づまりによって子どもに見つかることが多いのです。


乳幼児や幼児は症状を上手に訴えることが難しいため、お母さんが普段からしっかりと様子を観察し、違和感を覚えたら早めに対処してあげることが大切です。

 

今回はそんな「副鼻腔炎」について、原因とおもな症状をまとめてみました。

 

副鼻腔炎の原因とは

両方の目の下、鼻の左右あたりにある空洞を副鼻腔といいます。

副鼻腔は鼻の奥で鼻とつながっているため、風邪をひいたときなどに細菌がそこに入り、その細菌が増殖して炎症を引き起こすことを副鼻腔炎といいます。


特に疲労などによって免疫が落ちていると、そうした炎症が起きやすいようです。

 

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎

突発的な風邪や、もともと持っているアレルギー性鼻炎が原因で発症する場合を「急性副鼻腔炎」と呼び、それが慢性化したものを「慢性副鼻腔炎」と呼びます。

後者の慢性副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれます。

 

副鼻腔炎の症状

鼻水・鼻づまりのほか、いびき、情緒不安定によるイライラ、微熱、痰の絡む咳などが症状として挙げられます。


鼻水は透明ではなく黄色く粘着性のあるもので、止まったように見えても鼻のなかにびっしりと詰まっている場合があるため、小さい子どもは特に注意が必要です。

 

症状の見極めかた

風邪をひいて数日後、熱も下がり元気になったけど鼻風邪だけなかなか治らない…と放っておいたら副鼻腔炎になっていた、というケースもよくあります。


風邪は治ったはずなのに鼻をすすったり、口呼吸になっていたり、黄色がかった鼻水が出たりなど、いつもと違う様子が見られたら一度副鼻腔炎を疑い、早めに耳鼻咽喉科などの医療機関を受診しましょう。


また鼻水はあまり出ていなくとも、のどの方に流れてしまうケースもありますので、自己判断は禁物です。

症状をうまく伝えることができない子どもに代わって、お母さんがしっかりと気付いてあげることが何よりも大切です。

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

耳・鼻・口・喉に関する記事

喉の痛みや違和感…「扁桃炎」と診断されたら…?対処のポイント3選

おそらく「扁桃炎」という病気は、皆さんよく耳にするところだと思います。実際に子...

子どもの喉が腫れている!それはプール熱かも?!

抵抗力が弱い幼い子どもは、夏特有の風邪をひきやすいです。 その中でも、喉がはれ...

耳・鼻・口・喉の体験談

副耳ってなに?発覚と治療について

次男には生まれつき、左耳に副耳と耳垂裂があります。 出産直後は私も助産師さんも気付いておらず、...

生後7ヶ月、中耳炎になる〜切開排膿

ここ最近すんっごく寒くなったので娘に厚着させてました。 鼻垂れもあったので、風邪引かせちゃダメ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る