カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 離乳食 >
  4. 5~6ヵ月(初期) >
  5. 何を目安に進めればいい?離乳食のステップアップのポイントとは

育児・子供の病気

何を目安に進めればいい?離乳食のステップアップのポイントとは

赤ちゃんが生後5ヶ月頃になると、そろそろ離乳食かな?と考えるお母さんも多いことでしょう。

しかし、「いつ」「どれくらい」あげたらいいのか、またどのようにステップアップしていけばいいのか、細かい点にはまだ自信がない…という人もいるのではないでしょうか。


赤ちゃんにとっては初めて食材を口にするのが離乳食です。

まずはお母さんが基本的な知識をしっかりと押さえて、安心して進めていきたいですね。

 

離乳食を始めるタイミングの見極め方

いつ始めればいいのか不安な人もいるかと思いますが、離乳食のスタートのタイミングにはいくつかの目安があります

 

これらに当てはまり出したら、離乳食を考えはじめてもよいころでしょう。


・首がしっかりすわり、おすわりができるようになったら

・腹ばいのとき、頭と肩を持ち上げるようになったら

・大人の食事を見て、口をもぐもぐしたり食べたそうなしぐさをしたら

・よだれが増えて、よく口から流れ出るようになったら

 

ステップアップは月齢ではなく、赤ちゃんの状況に応じて

離乳食のステップは大きく分けて「ゴックン期」「モグモグ前期」「モグモグ後期」「カミカミ期」の4つに分けられますが、これらに明確な時期的区切りはありません。

赤ちゃんの食欲や成長、発達の状況に応じて、量やかたさを調整していきましょう。


舌でつぶしているか、ちゃんと噛んでいるか、口の動きや食べ具合をしっかりと観察することが大切です。

 

最初の一か月が重要!無理のないペースで

はじめのうちは、普段の授乳タイムの中に一日一回の離乳食を組み込みます。

午前中の授乳タイムに組み込むのがいいでしょう。


初めてあげる場合は一日一回一さじずつ、赤ちゃんの様子を見ながらあげるようにします。

下唇に平らなスプーンをのせ、口が閉じるまでスプーンを引き抜かずあせらずに待ちましょう。


この時期の栄養はおもに母乳やミルクからとっていますので、母乳やミルクは赤ちゃんが欲しがるだけ与えて大丈夫。

最初の一か月は「飲み込む」「食べる」ことの練習期間なので、赤ちゃんのストレスにならないよう、様子をしっかりと観察しながら無理なく進めていきましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

5~6ヵ月(初期)に関する記事

【生後5ヶ月~6ヶ月編】離乳食を食べてくれない!そんな時どうする?

離乳食を始めたけれども、食べるのを嫌がる…という悩みはお母さんなら誰しもある...

離乳食初期はどのようなことに気をつけて食べさせればよいの?~子供の食事~

離乳食は赤ちゃんが成人と同じものを食べられるようになるための訓練です。離乳食...

5~6ヵ月(初期)の体験談

離乳食初期のメニューって案外いっぱいあるんです。

離乳食のドロドロ期である初期って何を食べさせればいいのか悩みますよね。 毎日単調なメニューにな...

生後半年*食事エプロン何えらぶ?

食事中、洋服を汚さないようにつける食事エプロン。 よくキッズコーナーのところに置いてある食事エ...

カラダノートひろば

5~6ヵ月(初期)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る