カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康食品・飲料 >
  4. 成分別 >
  5. カロリー0はほんとに安心?!危険もある身近なアスパルテームとは?

健康診断・健康管理

カロリー0はほんとに安心?!危険もある身近なアスパルテームとは?

アスパルテームという言葉を聞いたことはありますか?

 

身近なお菓子などに入っている、あの甘み…。

そこにも危険がひそんでいるのです!

 

どんなもので、どんな危険があるのか見ていきましょう。

 

■アスパルテームとは?

アスパルテームとはお菓子、アイス、ガム、コカコーラなどに含まれている人工甘味料のことです。

 

コカコーラはわかりやすいのですが、カロリー0なのにどうして甘い味がするのだろうかと思ったことはありませんか?

その甘さがアステルパームなのです。

 

人工的に作り上げた甘味物質で、かなりの確率で飲料水やお菓子、ガムに入っています。

砂糖の約200倍の甘さで、アスパラギン酸とフェニルアラニンという成分からできています。

アミノ酸に分解されるので、カロリーが少ないということでたくさんの食べ物に使用されています。

 

■どんな危険があるの?

研究者たちの見解では、さまざまな危険があるとされています。

いくつかの症状を挙げます。

 

過剰にアスパルテームを摂取することにより、ポリープが発生したり、脳に伝達物質に異常が出たり、脳障害児が産まれてしまったり、体重が減少するといわれています。

ひどくなると不眠症や知能低下、失明や死亡などもありえます。

 

ですがこれは、いずれも過剰に摂取したときであり、適量を守れば危険は回避できます。

体重50キロの人は、1日約2000ミリグラムであれば摂取しても大丈夫です。

これをこえて摂取すると危険に近づきます。

 

■自分のからだは自分で守ろう

世の中にはたくさんの食べ物があり、たくさんの添加物が使われています。

しかし、全ての甘味料などを断ち切ることはできません。

自分の身体を自分で守るためにも、摂取量などをきちんと守って口にすることが大切です。

 

子どもがいる時などは、子どもはまだ自分で適量などを守ることはできないため、大人が管理してあげる必要があります。

 

食べ物は成長にとって欠かせないものです。

何を摂取していくかは自分で選ぶことができるので、考えて身体に入れていきましょう。

 

今回のように、甘味料にも危険がひそんでいることがあります。

カロリー0だからといって大量に摂取したりすることがないよう、いろいろと知識をつけることも大切ですね。

 

 

カロリー0といっても、甘味料は必ず入っています。

美味しいからといって大量に摂取せず、適量を知って摂取していってくださいね。

 

(Photo by:pixabay

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

成分別に関する記事

ビタミン豊富な夏野菜!トマト・ピーマンを食べて、骨粗しょう症やガンを予防しよう

トマトやピーマンは夏野菜の代表格であり、夏のトマト・ピーマンには体に必要な栄養...

認知症に有効な物質『クルクミン(ウコン)』摂取には注意が必要

『ウコン』を摂取しすぎると、『肝炎』の恐れがある? 今月の(2014年3月)毎...


美容だけでなく健康にもいいコラーゲン!おすすめの効果的な付き合い方

  女性なら誰しもが気になる、お肌のハリやキメ。肌の状態はもちろんですが、人間...

α-リポ酸摂取で低血糖症に?原因のない震え・動悸には検査を!

高い抗酸化力のある『α-リポ酸』、特定の白血球型を持っている人は低血糖症に要...

カラダノートひろば

成分別の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る