カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発疹 >
  5. 無意識にかきむしって悪化することも…乳幼児の汗疹の対処法

育児・子供の病気

無意識にかきむしって悪化することも…乳幼児の汗疹の対処法

乳幼児や幼児の皮膚は大人に比べて薄く、とてもデリケートです。

しかも、大人と違って発汗量も多いため、汗をかく季節になると「汗疹(あせも)」ができてしまうことも。

赤くてかゆいブツブツができ、あまりの痒さに無意識にかきむしってしまい、さらに悪化してしまうこともあります。

 

今回は、そんな汗疹ができてしまった場合の対処法を中心にまとめてみました。

 

汗疹の治療方法

一般的な汗疹は「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」と呼ばれるもので、熱感があり強いかゆみをともないます。

この場合はステロイド外用薬を処方されることが多く、たいていの場合はそれで症状が改善されます。

 

ただし、せっかくのステロイド剤も、よくなってきたからと自己判断で使用を中止してしまえば意味がありません。

医師の指示をしっかりと聞き、指示通りに使用することが大切です。

 

悪化すると「とびひ」を起こすことも

汗疹が発症したとき、そのうち治るだろうと放置したり、患部をかきこわしてしまったりすると、悪化して「とびひ」になってしまうことがあります。

乳幼児や幼児の場合にはかゆみを我慢することが難しいため、汗疹を発見したときには早めに医療機関を受診しましょう。

 

必要以上の発汗は汗疹のもと

汗疹を予防するための対策として、もっとも大切なことは必要以上に汗をかかせないことです。

適度な発汗は必要ですが、室内ではなるべく適温適湿の状態で過ごさせてあげましょう。

 

ただし真夏など、夜中に冷房をつけたまま寝る場合には、扇風機で空気を撹拌するなどして冷気が一か所にたまらないよう工夫する必要があります。

 

汗をかいたらすぐに処理を!

汗をかいたあと、汗が肌についている時間をいかに短くできるかが予防のポイントです。

汗をかいたまま放置せず、シャワーを浴びたりこまめに着替えるようにしましょう。

着替える場合には服だけでなく、下着もこまめに着替えるようにします。

 

また、シャワーが浴びられない場合には、濡れタオルで肌をこすらないようにポンポンと拭き、そのあとの保湿ケアも忘れずに行うようにしましょう。

(Photo by:足成 ) 

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-11-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

発疹に関する記事

乳幼児期に注意したい皮膚炎のひとつ!「接触性皮膚炎」の対処法

皮膚のバリア機能が弱く、薄くデリケートな子どもの皮膚には、さまざまな皮膚湿疹...

とつぜんの発疹で「じんましん」と診断された!その対処法は?

   とつぜんの発疹で皮膚科に行くと、じんましんと診断された…。 どうしたらよい...

発疹の体験談

乾燥肌!?冬は特に要注意!

我が家の息子は、よく皮膚科にお世話になるのですが・・・ 乾燥肌のようです・・・ 寒くなってか...

乳児の発疹*冬にガサガサ湿疹!原因は乾燥??

冬になり、子供のお腹、背中、ひじ周りに発疹が出来ました。乾燥が原因?オイル塗っているのに、、寒くなり...

カラダノートひろば

発疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る