カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 内出血 >
  5. 見た目も気になる内出血、早く治すにはまず冷やす?!

気になる病気・症状

見た目も気になる内出血、早く治すにはまず冷やす?!

 

内出血が起きると、アザのように青くなります。

見た目も気になるし、早く治したいですよね。

 

どんな治し方が効果的なのでしょうか?

 

■冷やす、温める

まずは、内出血ができたらすぐに冷やしましょう。

できれば24時間以内に幹部を冷やしてください。

炎症が起きているので、熱をまずはとってあげることで炎症を抑えることができ、腫れも防ぐこともできます。

直接氷をあてると、皮膚に刺激を与えすぎてしまうので、タオルなどで巻いてから冷やしてください。

 

そして、次に温めます。

いそがしいですが、腫れが引いてきているうちに幹部を温めることで、治りが早くなります。

タオルを当てるよりかは、お風呂などでじっくり温めると効果的です。

 

まずは、冷やしてからです。

これをまちがえて先に温めてしまうと、痛みが激しくなる可能性があるので、注意が必要です。

 

■食事も効果的

内出血をアイシングや温めることはわかったと思うのですが、食事でも炎症を抑えることができます。

身体の中の血の流れを活発にしてあげることで治りが早くなるので、血液に必要な成分を進んで摂取しましょう。

 

血液に必要な成分は、鉄分とビタミンCです。

小松菜、ホウレンソウ、カツオ、レバー、ピーマン、レモン、いちご、ブロッコリーなどからとることができるので、これらの食材を摂取しましょう。

まずは、薬にたよらないで食事を変えてみることで治りが早くなります。

 

■最後は薬

あまり薬にたよりたくない人も多いかもしれませんが、最後は薬にたよりましょう。

やはり、他のどのやり方よりも速攻性があります。

 

内出血にきくのは塗り薬で、幹部に薬を塗ることで血行をよくして、治るスピードを速くしてくれます。

病院に行かなくてもドラッグストアにもおいてあるので、薬剤師さんの話を聞いて使用してみましょう。

 

他には漢方薬などもあるので、どうしても早く治したいときは漢方もいいです。

しかし、自分で勝手に飲むのはよくないので、必ず、きちんと説明を受けてから飲むようにしてください。

 

 

内出血は見た目も気になるものです。

早く治るためにも、早めの治療が肝心です。

まずは冷やすと覚えておいて、実行してみてくださいね。

 

(Photo by 写真AC

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

内出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る