カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. 子どもへの薬の使い方

育児

子どもへの薬の使い方

 

副作用の可能性を減らし、薬を安全にかつ有効に使用するためには大人はもちろん、子どもは特に用量・用法を守ることが極めて重要です。

 

用量

子どもの薬を分解・吸収する能力は、大人と比べてまだ完成していません。

薬の処方される量は、年齢や体重などを目安に薬の量が決められます。

大人の薬はもちろん、兄弟・姉妹間でも流用してはいけません甚大な副作用であったり、効果が得られなかったりする可能性があります。

 

用法

1日1回の薬、3回の薬と服用回数の指示があれば必ず従いましょう。

一度飲み忘れたからと、次回に2倍量を飲むのはご法度

絶対してはいけません。

 

また、食事前後の指示がある場合は、以下を目安に服用します。

 

・食前:食事のおよそ30分前

・食後:食事のおよそ30分後(または以内)

・食間:食事のおよそ2時間後

・就寝前:寝るおよそ30分前

 

保管方法

基本的には直射日光の当たらない室内で保管しましょう。特に指示がある場合以外は、冷蔵庫に入れる必要はありません。

冷蔵庫保管の指示があった場合は、凍らない場所におきます。

 

薬局で処方されたり、市販のものを購入したり。

手軽に身近になっている時代だからこそ、薬剤師の話をきちんと聞いたり、説明書をしっかり読むなどして情報を得ましょうね。

 

<Photo by http://www.ashinari.com/2009/04/26-017743.php>

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ホームケアに関する記事

午前中に頭痛がする~起立性調節障害

 「起立性調節障害(きりつせいちょうせつしょうがい)」では、午前中に頭痛が起き...

赤ちゃんの便秘に効果テキメンの「綿棒浣腸」~具体的な方法~

首が座ったころからの赤ちゃんの便秘解消法として実践できる綿棒浣腸は、非常に有...

ホームケアの体験談

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

鼻が詰まってねむれない赤ちゃん

娘が風邪をひきました。特に鼻づまりが酷いみたいでつらそうです。 赤ちゃんの鼻風邪、自分で鼻水出せな...

カラダノートひろば

ホームケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る