カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. ぜいぜい呼吸が止まらない!?RSウイルス感染症にかかってしまったら

育児・子供の病気

ぜいぜい呼吸が止まらない!?RSウイルス感染症にかかってしまったら


冬場はインフルエンザなどの感染力が強いウイルスが繁殖する時期。乳幼児を子育て中のママは一番心配ですよね!

そんな中でも呼吸器症状が強く現れるRSウイルス感染症は要注意です。

かかってしまった時の対処のポイントについてまとめました。

 

■RS感染症の恐ろしさ

2歳未満で、特には6ヶ月未満の乳児が感染すると重症化する恐れがある感染症です。

肺炎や細気管支炎など重篤な症状を引き起こし、時には呼吸困難・チアノーゼが見られます。

 

幼児や大人が感染しても、軽度の風邪症状で落ち着くのですが、だからこそRSウイルスへの感染を見逃して、乳児に感染してしまう可能性があるのです。

 

■どうやって見分ける?

まず見られるのは一般的な風邪症状です。咳・鼻水や発熱が見られます。

ただし、発熱はあまり長続きせず、38℃台で単発であることが多いようです。

その後、ぜいぜい・ひゅーひゅーという呼吸音が聞かれるようになります。

この際には既に気管支の部分に炎症が起きている場合があるので、早急に医療機関を受診しましょう。

 

また、みぞおちのあたりがぺこぺこ凹む、陥没呼吸が見られることもあります。

これらの呼吸器症状が見られた場合には、RSウイルス感染症を疑い、医療機関を受診して医師の診断を仰ぎましょう。

 

■対処の方法

RSウイルスには、特効薬のようなものはありませんので、出ている症状に対しての対処療法になります。

大人の場合は気管支を広げる薬が処方されることもありますが、赤ちゃんは体内の筋肉も未発達のため、あまり効果がないようです。

 

処方される薬があった場合には、用法・用量をしっかり守って、ママが薬を管理し、服薬させてあげましょう。

軽度の場合には、自宅で1〜2週間静養すれば症状が落ち着きます。

 

ただし、前述の通り細気管支炎や肺炎などの症状が悪化した場合には、入院しての治療が必要なこともあります。医師の診断を待ちましょう。

入院した場合、呼吸困難を防ぐために人工呼吸器を使ったり、水分が上手にとれない時に点滴治療を行ったりするようです。

 

■重要なのは予防!

インフルエンザであれば予防接種が可能ですが、RSウイルスには今のところ有用なワクチンは発見されていません。

ですので、基本的な風邪予防が大切になってきます。咳やくしゃみからの飛沫感染よりも、ウイルスに直接触れることによる接触感染が多いようです。

外出が多い大人は、帰宅時の手洗いの徹底を心がけましょう。

 

また、保育園など集団生活をしている赤ちゃんは、帰宅時に手を拭いてあげるだけでも効果があります。

子どもは何でも口にいれてしまう時期がありますので、その時期にはおもちゃなどもこまめに拭き掃除してあげると安心です。

 

大人から子どもへの二次感染も見られるRSウイルス感染症。

自分の赤ちゃんを守るために、ママ・パパは今からできる「風邪予防」をしっかりしておきたいですね!

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

RSウイルスをご存知ですか?乳幼児は気をつけたい呼吸器感染症!

乳幼児を育てているママなら心配なのが冬場に流行するインフルエンザなどの感染症で...

2015年今冬は全国的に流行の兆し、「おたふく風邪」による髄膜炎・難聴予防にワクチン接種を!

最近、「おたふく風邪(流行性耳下腺炎)」の流行が全国的に拡大しつつあるた...

感染症の体験談

3人目にして初めてのRSウィルス!!!

2か月ほど前、9か月になる長女がRSウィルスに感染しました。 低月齢の乳児がかかると細気管支炎...

初めての発熱、そして入院~尿路感染症~

子供が生まれて初めて発熱した時のおはなしです。初めての育児での子供が発熱長男が生後三ヶ月になるちょう...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る