カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. >
  5. アトピー性皮膚炎や乳児湿疹など…テロイドの効果と副作用とは?

育児・子供の病気

アトピー性皮膚炎や乳児湿疹など…テロイドの効果と副作用とは?

 

「ステロイド剤」って聞いたことありますよね。

様々な治療で使用されますが、子どもの病気で言うなら、アトピー性皮膚炎や乳児湿疹等で処方されることが多いのではないでしょうか。

賛否両論渦巻くステロイド剤ですが、そもそも何なのか、紹介します。

 

○ ステロイドってなぁに?

人の体にある、副腎(ふくじん)、という臓器、そこで作られるホルモンがステロイドです。つまり、元々人の体内にあるもの。

副腎皮質ホルモンや糖質コルチコイドなんて別名もあります。

ストレスを与えられたりすると作られ、体内で重要な働きをします。

 

そんな、ステロイドが主剤であるステロイド剤の最も大きな効果は「炎症を鎮め、免疫を抑制する」ことこれがアトピー等の皮膚炎で多用される理由です。

 

○ ステロイド剤の効果

痒くて痒くて仕方がない…、そんな皮膚上の炎症反応を抑えてくれるのがステロイド剤。つまり、単なる対処療法だと言われてきました。

しかし、掻きむしることがさらなる刺激となり、またその傷にアレルゲンが触れて別のアレルギーも呼び込む…などという説が近年有力視されてきました。

そして「痒い」ということも大きなストレスとなります。

 

ステロイド剤は、これらを抑制するのに、最も効果的なのです。

 

○ 副作用は…

ステロイド剤が批難される一番大きな理由は、副作用。

もともと体内にあるものだからといって、過剰量の摂取はもちろん望ましくありません。何事も、過ぎたるは及ばざるがごとし、です。

 

ただ、副作用を恐れるあまり、少量しか塗らなかったり、すぐやめてしまったりするのは症状を長引かせるだけで、意味がありません

薬剤師に指示されたとおり、規定量をしっかり塗付することが、最も塗る期間も短く、副作用の可能性を減らすことにつながります

 

処方されるからには、大きな利点があるステロイド剤。

怖い、と避けるのではなく使うときはしっかり使い、症状を鎮めてあげましょうね。

 

<Photo by //www.ashinari.com/2009/02/23-014447.php?category=51>

 

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

薬に関する記事

AD/HDの薬、リタリンとコンサータ

   AD/HDとは注意欠陥・多動障害のことです。   7歳未満で発症...

解熱薬はむやみやたらに使うのはNG!家にあった薬を使うのはOK?子供の解熱薬の使い方

子供の熱をすぐにでも下げたい気持ちは分かりますが、解熱薬はむやみやたらに使用...

薬の体験談

【1歳2ヶ月】薬の飲ませ方

以前もこの体験談に投稿させてもらったのですが、1歳過ぎの娘がなかなか薬を飲んでくれなくて悩んでいます...

鼻垂れ娘にお薬を飲ませることに毎回成功!

お薬入りのお茶をゴクゴク…。 はや5日目です。 先週、咳と鼻水が同時に出始めました。3日...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る