カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 1~3ヶ月の赤ちゃんに、日焼け止めは必要ないの?

育児・子供の病気

1~3ヶ月の赤ちゃんに、日焼け止めは必要ないの?

太陽がじりじり照りつける季節になると、大事になってくるのが紫外線対策ですね。

大人は日焼け止めをつけるけど、赤ちゃんは日焼けどめを塗ってもよいのでしょうか?

 

ここではそんなママのお悩みにお答えすべく、赤ちゃんの日焼け止めについてまとめました。

 

■赤ちゃんにも日焼けどめは塗ろう

日焼けどめに入っている化学成分は、基本お肌には有害です。

しかし、紫外線の害というのはそれ以上に有害です。

紫外線によってシミ、シワができるのはご存知でしょうが、紫外線の害で何よりこわいのが、皮膚ガンの発症リスクを高めてしまうことです。

 

赤ちゃんも例外ではありません。

しかも、赤ちゃんは大人より全身の細胞分裂がさかんなため、赤ちゃんの頃に紫外線ダメージを受けたことが重大なリスク要因になってしまう可能性があります。

 

そのため、赤ちゃんにも日焼けどめを塗った方がよいことになります。

 

■日焼け止め購入のポイント

ドラッグストアなどでは「赤ちゃん用」「家族で使える」とうたわれている日焼けどめが売っていますので、そちらを購入しましょう。

パッケージに書いてあるSPF値やPA値がなるべく低いものの方が、肌への刺激も少なく赤ちゃん向きです。

 

ただし肌への刺激が少ないということは、日焼けどめとしての効力は弱いです。

なるべく長時間外出しないように、また長時間の外遊びなどでは外でこまめに塗りなおすことなどが必要になります。

 

また、成分表に「紫外線吸収剤」が入っていないかをチェックしましょう。

紫外線吸収剤は化学原料からできており、かゆみやかぶれの原因になりますので、赤ちゃんや肌の弱い大人は避けたほうがいい成分です。

 

■日焼けどめ以外の工夫も

日焼けどめは一応新生児からでも使えますが、新生児の頃はなるべく外に出ないようにし、2ヶ月頃から使うことが推奨されています。

 

そして、いくら化学物質や香料、着色料不使用の赤ちゃん用日焼けどめとはいえ、肌にまったく刺激がないわけではないので、あまり塗らなくてすむ工夫も必要です。

 

帽子や衣類は首、腕、肩をなるべくカバーできるものを選び、外出中はベビーカーのほろや日陰をなるべく利用します。

あまりに日差しが強い日は外遊びをひかえ、室内の遊技場メインに遊んでもよいですね。

 

紫外線が気になる季節は、赤ちゃんと一緒にママも日焼けどめを塗り、紫外線対策ばっちりで楽しく出かけましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

0~3ヵ月に関する記事

乳児1~3ヶ月お出かけ、雨の日でも一日一回はお散歩するべき?!

生後1ヶ月を過ぎたころから、少しずつ赤ちゃんのお散歩をはじめていきます。 散歩...

0-1歳児のお散歩や外遊び♪0歳児の赤ちゃんがお散歩に出るメリット、お散歩するタイミング

生まれて1ヶ月ぐらいたつと徐々に赤ちゃんを外に連れて行くことになりますが、いざ...

0~3ヵ月の体験談

どきどきの飛行機 ~生後2ヶ月編~

生後間もない赤ちゃんにとっては、室内に居ることが基本。 1ヶ月検診での移動は緊張するものでした。 ...

児童館ってどんなとこ?

1ヶ月検診のとき、保健師さんに「最近は、公園デビューではなく、"児童館デビュー"って言われてますよ」...

カラダノートひろば

0~3ヵ月の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る