カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 「日焼けは健康にいいから、乳児には日光浴させるべき」はほんと?

育児・子供の病気

「日焼けは健康にいいから、乳児には日光浴させるべき」はほんと?

日に焼けることは健康の証といわんばかりに、子どものころ夏休み明けに小麦色の肌を見せあった記憶、ありませんか?

たしかに日光に当たることは健康的な気がしますが、実際はどうなのでしょうか?

 

「日焼けは健康にいいから、積極的に日光浴させるべき?」というママの疑問についてお話します。

 

■日光浴の効果

大人でも同じですが、日光浴には「体内リズムを整え、目覚めをすっきりさせ、睡眠をぐっすりとる効果」「体内でビタミンDを生成し、カルシウムの吸収効率が上がり骨を丈夫にする効果」があります。

 

そのため赤ちゃんはもちろん、大人も毎日日光浴をした方がよいということになります。

 

■日焼けの害

しかし、長時間日光浴すると日焼けが起こります。

夏場は紫外線が強いので、より短時間で日焼けします。

(冬場は紫外線量も減り、厚着していることもあって長時間の外出でもあまり焼けません。)

 

日焼けのこわい点、それは主に紫外線によるシミやシワなど肌の老化を促進させることと、皮膚ガンのリスクを高めることです。

大人ももちろんですが、赤ちゃんは肌細胞の分裂が活発なうえ、皮膚も薄くバリア機能も未熟です。

紫外線ダメージが大人より蓄積されやすくなっているのです。

 

ですから、紫外線(日焼け)対策をした上で日光浴をしていくことが重要になります。

 

■帽子や衣類、日焼けどめに気をつけ短時間で

上記の理由から、赤ちゃんを積極的に日焼けさせることは避けなければなりません。

帽子や衣類で、なるべく肌に直接太陽光をあてないよう調節しましょう。

 

どうしても夏場は暑さから肌の露出が多くなるので、露出した部分には赤ちゃん用の日焼けどめを塗りましょう。

 

日光浴の時間ですが、夏場は5分ほど、冬場は30分ほどまでで切り上げます。

それくらいで、上記の日光浴の効果は十分得られます。

 

一昔前は、紫外線が現代ほど強く地表に届かなかったため、日焼けは健康の証といわんばかりに積極的に日光浴をしても大丈夫でした。

しかし、現代はオゾン層の破壊で地表に届く紫外線量が多く、日焼けは害と言われるほどになってきました。

 

しっかり対策をして、短時間の日光浴を楽しみましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

0~3ヵ月に関する記事

赤ちゃんとのお出かけで気を付けたいことって?お散歩デビューの時期と注意点

赤ちゃんが産まれたら、いつどんなタイミングでお散歩デビューしたら良いのか、紫外...

お出かけの疑問!首がすわる前でも遠方に遊びにいってもいい?

「実家の両親や祖父母に赤ちゃんを見せたいな」 「お正月だから義実家のお姑さんに...

0~3ヵ月の体験談

どきどきの飛行機 ~生後2ヶ月編~

生後間もない赤ちゃんにとっては、室内に居ることが基本。 1ヶ月検診での移動は緊張するものでした。 ...

児童館ってどんなとこ?

1ヶ月検診のとき、保健師さんに「最近は、公園デビューではなく、"児童館デビュー"って言われてますよ」...

カラダノートひろば

0~3ヵ月の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る