カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発疹 >
  5. 水泡状の発疹ができた…!考えられる病気はなんだろう?

育児・子供の病気

水泡状の発疹ができた…!考えられる病気はなんだろう?

子どもに発疹ができると、原因もわからず不安ですよね。

子どもは発疹ができやすく、ウィルス感染など原因はさまざまです。

 

今回は、水泡状の発疹について見ていきましょう!

水泡状の発疹が症状として現れる代表的な病気は以下です。

 

水痘(すいとう)

水痘は熱が出て、体に赤い発疹ができます。

そのあと赤い発疹は水泡状の発疹になり、カサブタになります。

発疹が次々にあらわれ、赤い発疹、水疱状の発疹、カサブタが同時に見られるのが特徴です。

7日くらいで治ります。

 

水痘の場合、発疹の出始めは診断がつきにくいです。

半日から1日様子をみて、特徴的な症状がみられたら受診しましょう。

 

伝染性膿痂疹(とびひ)

鼻や口、目の周りから始まることが多く、皮膚に水泡状の発疹ができます。

水泡は最初は透明ですが、しだいに膿が入ってにごってきます。

水泡が破れた部分を触ると、手を介して伝染してしまうので、早めに病院を受診しましょう。

 

赤ちゃんがとびひになるのは、とびひになってしまった兄弟がいることが多いです。

赤ちゃんがとびひにかかると、敗血症や肺炎の合併症になる危険があるので注意が必要です。

 

手足口病

手足口病は、発症者の多くが5歳以下の乳幼児です。

口や手足に2~3mmの水泡状の発疹がみられるのが特徴です。

発症者の3分の1に微熱があります。

ほとんどが軽い症状だけで、数日で治ってしまいます。

 

脳炎や心筋炎などの合併症を起こしたり重症化する可能性もあるので、頭を痛がる、高熱がでる、熱が2日以上続く、嘔吐、ぐったりしている、水分がとれないなどの症状がみられたら、早めに病院を受診しましょう。

 

ヘルパンギーナ

乳幼児を中心に夏に流行します。

最初に発熱、喉の痛みが症状としてあらわれ、その後、口の中に1~2mmの水泡状の発疹ができます。

水泡が破れると潰瘍となり、痛みがあります。

 

2~4日で自然治癒しますが、水分がとれない場合は脱水の危険があります。

早めに病院を受診しましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

発疹に関する記事

乳幼児・幼児に多いアトピー性皮膚炎の原因と症状について

大人に比べて皮膚が薄く、デリケートな子どもはさまざまな皮膚疾患が起こり得ます...

初めての赤ちゃんの高熱!もしかしたら突発性発疹かも?

赤ちゃんが熱を出してしまったとき、どうしたらよいのか不安になりますよね。 それ...

発疹の体験談

乾燥肌!?冬は特に要注意!

我が家の息子は、よく皮膚科にお世話になるのですが・・・ 乾燥肌のようです・・・ 寒くなってか...

乳児の発疹*冬にガサガサ湿疹!原因は乾燥??

冬になり、子供のお腹、背中、ひじ周りに発疹が出来ました。乾燥が原因?オイル塗っているのに、、寒くなり...

カラダノートひろば

発疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る