カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 初めての高熱と発疹…これってもしかして突発性発疹!?ケアのポイント

育児・子供の病気

初めての高熱と発疹…これってもしかして突発性発疹!?ケアのポイント

突然の発熱や、見慣れない発疹…ママは不安になってしまいますよね。でもまずは落ち着いて!

それは突発性発疹かもしれません。特徴やケアのポイントについてまとめましたので、参考にしてくださいね。

 

■初めての高熱は突発性発疹かも

突発性発疹とは、生後6~12ヶ月の赤ちゃんに多い、発熱と発疹が見られる病気です。

また季節性はなく、はしかや水疱瘡などのように感染力が強くないことが特徴としてあげられています。

 

初めての発熱がこの病気、という赤ちゃんも少なくないようです。ママは慌てずに、経過観察を続けてあげましょう。

 

■症状の特徴と見分け方

急な発熱!でも本人は元気なことも

風邪などの症状も見られなかったのに、突然38~39℃と高熱を出汁、それが数日続きます。

高熱のため機嫌が悪いこともありますが、比較的元気で食欲もあることが多いのが特徴です。

 

発疹(赤いぽつぽつ)がお腹周辺から

熱が数日続いた後、平熱に落ち着いたら赤い発疹がお腹周辺に見られます。

その発疹は、あっという間に手足、背中、お尻、時には顔にもばらばらと広がっていきます。

この発疹はかゆみを伴わないことが多いため、赤ちゃん本人に自覚症状があることはほとんどないようです。

 

■医療機関を受診…治療法はない!?

突発性発疹に対する特効薬などは現在なく、突発性発疹であると診断された場合には特に治療などは行われません。自然治癒するのを待つのが基本です。

ただし、かゆがったりする時には軟膏などが処方される場合もあると思いますので、ママは用法・用量を守って使用しましょう。

 

また、急激な高熱で熱性痙攣を起こしたり、高熱を出している段階では別の病気の可能性もゼロではないので、「突発性発疹である」と決めつけずに発熱の段階で医療機関を一度受診することをオススメします。

 

■自宅でのケアのポイント

発熱に対して

脱水にならないよう、こまめな水分補給が必要です。機嫌よくおっぱいやミルクを飲んでいる場合にも、ベビー麦茶や白湯などを併せて飲ませてあげましょう。

 

また、比較的元気だからお風呂も大丈夫かな?と思ったママは、ちょっと待って下さい!

発熱していることで、小さな赤ちゃんの体は思った以上に体力を消耗しています。

熱が下るまでお風呂は控え、濡れたタオルで清拭してあげたり、熱すぎない温度のシャワーで済ませてあげましょう。

 

汗をかくとその気持ち悪さで機嫌が悪くなることもあります。

何も着せないと余計汗が吸収されず肌にとどまってしまいますので、熱が上がりきった後であれば、吸汗性のある下着、半袖半ズボンなどを必ず着せてあげてください。

 

発疹に対して

発疹はひたすら治まるのを待つことになります。ただし、赤ちゃんがかゆがっている場合には要注意です!

赤ちゃんの爪は柔らかいですが鋭利なため、肌を傷つけてしまうことがあります。

爪のケアをしっかりして、場合によってはミトンをつけさせるなど、対策を講じましょう!

 

■自己判断は要注意

熱が高いから、かゆがるから…と市販の解熱剤、痒み止めを使うのは注意が必要です。

特に解熱剤には、赤ちゃんに使用できないものもありますし、無闇に使うと低体温症を引き起こしてしまうおそれもあります。

発熱が心配な場合には医療機関を受診の上、医師の診断を仰いで薬を処方してもらいましょう!

 

自分で勝手に判断してしまうのは危険がつきまといます。

ママは赤ちゃんの症状・機嫌などをこまめに観察し、異変が見られたりおかしいな、と思った時には早めに医療機関を受診してくださいね!

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

病気と症状に関する記事

幼児に多い「りんご病(伝染性紅斑)」かかったらどうする?診断されてからの対処法

なんだかいつもよりほっぺたが赤いな…と思っているうちに体中に発疹のようなぷつぷ...

高熱と発疹…これって突発性発疹!?覚えておきたい症状の特徴について

かわいい赤ちゃんが急に発熱! その後、お腹のあたりに、気が付いたら赤いプツプツ...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

病気と症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る