カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるから、使わなくてもいい?

育児・子供の病気

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるから、使わなくてもいい?

車に赤ちゃんや幼児を乗せるときは、チャイルドシートを使うことが道路交通法で定められています。

車を持っているご家庭は、取りつけていることでしょう。

 

しかし、子どもがチャイルドシートに座るのを嫌がるので、「使わなくてもいいんじゃない?」とママとパパ、あるいは祖父母の間で議論が巻きおこることもあるかもしれません。

 

ここでは、「本当に子どもが嫌がったときは、チャイルドシートをつかわなくてもいいの?」ということについて考えみましょう。

 

■事故にあったら危険!嫌がっても座らせる

大人でも交通事故にあったとき、シートベルトを着けているかいないかで、怪我や死亡率が大きく変わってきます。

車が走行中のときは、子どもが泣いて嫌がっても、ベルトを外すなどは決してしてはいけません。

子どもを必ずチャイルドシートに座らせ、ベルトをしっかりとしめてから走行した方が安心です。

 

実際にチャイルドシートの不使用で、車から子どもが飛び出していく危険性を再現した動画は、ネットでいくらでも観ることができます。

反対する人と一緒に観るといいでしょう。

 

■嫌がる子どもにはこんな対処を

走行中子どもが泣いていても、ベルトは決して外してはいけませんが、あやしてあげたくもなります。

 

お菓子や飲み物をあげたり、おもちゃであやすぐらいならベルトを外さなくてもできますし、ある程度はなだめることができます。

3ヶ月頃までの赤ちゃんでしたら、レジ袋などをそばでくしゃくしゃ丸めて音を鳴らしてあげると、なぜか泣きやみます。

 

この音は胎内音に近いといわれており、子守音を鳴らすスマートフォンアプリにも収録されているぐらいです。

覚えておくと少し便利ですよ。

 

どうしても泣き止まない、あるいはママが運転中で横であやしてあげられない時はあきらめましょう。

心配しなくても、そのうち泣き止んで寝てしまうかもしれません。

 

■子どもは泣かなくなる

嫌がってもチャイルドシートに座らせ、決してベルトを外さない、ということをくり返していれば、そのうち子どもは「泣いても外してもらえない」ことを学習し、泣かなくなります。

その日がくるのを、絶対にベルトを外さず根気よく待ちましょう。

 

「泣くとかわいそうだから抱っこする」…これはたいへん危険ですし、子どものためになりません。

ベルトを外さなくても楽しめるよう工夫して、乗り切ってくださいね。

そのうち大人しく座ってくれるようになりますよ!

 

(Photo by:pixabay

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

0~3ヵ月に関する記事

「新生児」外出いつからできる?初めての外出はいつ?お出かけのOK・NGポイント

赤ちゃんとの外出はなにかと気を遣いますよね。とはいえ、ずっと赤ちゃんを外に出...

乳児1~3ヶ月お出かけ、雨の日でも一日一回はお散歩するべき?!

生後1ヶ月を過ぎたころから、少しずつ赤ちゃんのお散歩をはじめていきます。 散歩...

0~3ヵ月の体験談

どきどきの飛行機 ~生後2ヶ月編~

生後間もない赤ちゃんにとっては、室内に居ることが基本。 1ヶ月検診での移動は緊張するものでした。 ...

児童館ってどんなとこ?

1ヶ月検診のとき、保健師さんに「最近は、公園デビューではなく、"児童館デビュー"って言われてますよ」...

カラダノートひろば

0~3ヵ月の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る