カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. 食物アレルギー >
  6. 乳幼児のアレルギー性結膜炎が増えている!?診断方法・対処法は?

育児・子供の病気

乳幼児のアレルギー性結膜炎が増えている!?診断方法・対処法は?

目の病気の中でも、よく耳にするのが結膜炎という病気です。

一年中、結膜炎の症状が出てしまうアレルギー性結膜炎になる子どもが最近は多くなっています。

もし、わが子が診断されたら、生活の中で気をつけることは何でしょうか?

 

■アレルギー性結膜炎とは?

花粉などによる季節性のものと、ハウスダストによる通年性のものがあります。

その中でも、一年中症状がでてしまう通年性のアレルギー性結膜炎は、最近子どもに増えているのです。

赤ちゃんのころより、2歳過ぎてから症状が目立つようになってきます。

 

アレルギー性結膜炎の症状

結膜炎の症状として、

・目やに

・充血

・かゆみ

・目のゴロゴロ感

・涙目  

 などがあります。

 

アレルギー性結膜炎の原因

アレルギーの元となるアレルゲンによって症状がでます。アレルゲンは様々ですが、やはりハウスダストが一番多い原因です。

 

なぜ起きるの?

とくに、アレルギー体質の子に症状がみられる場合が多いです。

目のかゆみは、体内に入ってきたアレルゲンと戦ってくれる抗体「ヒスタミン」によるもので、アレルギー体質の子は、普通の子よりもその働きが多いようです。

 

アレルギー性結膜炎の治療

そのヒスタミンを抑えてかゆみを止める薬を使用します。

薬によっては、赤ちゃんや子どもに使用できないものもあるので、市販のものを使うのはやめてください。

必ず、小児科・眼科で処方してもらうようにしましょう。

 

■原因のハウスダストって?

ハウスダストは、塵やほこりです。

塵やほこりが何かということですが、

 

・ダニやその死骸・フン

・ペットの毛

・フケ

・カビ

・食べ物のカス

 などがあります。

 

これらのハウスダストが、目の結膜に付着することで、アレルギー症状が出てしまうのです。

 

ですから、アレルギー性結膜炎だとわかったら、ハウスダストを回避するような環境をつくってあげることが大切になります。

 

■おうち環境を見直そう!

ハウスダストも完全に無くす…ということは無理ですよね。だからこそ、少しでも減す、増やさないために普段から気をつけましょう。

 

おうち環境で予防しよう

・掃除はこまめにする

・天気がよい日は布団を干す

・枕カバーやシーツはこまめに洗濯する

・ぬいぐるみ・布製ソファー・じゅうたんはなるべく無いように

・フローリングが最適

・おもちゃは木製かプラスチックのものに

 

掃除するときや、エアコンを使用する前などは、窓を開けて部屋の空気の入れ替えも忘れずに!

 

規則正しい生活を心がけて

アレルギー症状は、体調が崩れていると強くでてしまうこともあります。

 

・バランスよく食事を

・充分な睡眠

・適度な運動

規則正しい生活を心がけて、健康的な毎日を過ごしましょう。

 

 アレルギーを引き起こす元を減らすことで、症状は緩和されます。予防策をして、子どもの目をアレルギーから守りましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: katsuoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食物アレルギーに関する記事

子どもが食物アレルギーになってしまったら…食物アレルギーの対処法

乳児に多い食物アレルギー…。子どもが食物アレルギーになってしまったら、食べるも...

乳児に多い食物アレルギー!アレルギーの原因と注意が必要な食べ物

食べ物が原因となって発症するアレルギーを、食物アレルギーと言います。 6歳以下...

食物アレルギーの体験談

ママの母乳からアレルゲン食品飲んでませんか?赤ちゃんの肌荒れの原因はアレルギーでした。

息子は産まれて間もないころから乳児湿疹がひどかったです。 病院にいって塗り薬をもらうも、よくなった...

生後8か月で卵・乳アレルギーの反応が!!

アトピーのような症状が生後5か月ごろから長く続いたので、血液検査をしてみることをすすめられました。結...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る