カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. 脂質を減らすだけではダメ?中性脂肪を改善する基本的な方法!

生活習慣病

脂質を減らすだけではダメ?中性脂肪を改善する基本的な方法!

健康診断で中性脂肪が高いといわれた人は、そのままだと生活習慣病や心筋梗塞、脳梗塞になってしまう可能性が高いです。

 

「中性脂肪を下げるには、脂質をとらないようにすればいいのでは?」と思っている人は多いかもしれません。

中性脂肪を下げるには脂質を減らすことももちろん大切ですが、それだけではダメです。

 

中性脂肪を改善する食生活

脂質を減らす

食べ物からとり入れられた脂質は、小腸で吸収され中性脂肪となり、各器官にエネルギーを与えます。

エネルギーが消費されなければ、血液中の中性脂肪が多くなってしまいます。

 

まず、脂質を減らすことはとても大切です。

脂質は乳製品や肉の脂身、ドレッシングに多く含まれています。

乳製品をひかえる、肉の赤身を食べる、ドレッシングをノンオイルに替えるなどすると、脂質を減らすことができます。

 

カロリーを減らす

脂質だけが中性脂肪になるのではなく、エネルギーや栄養として使われずあまった炭水化物、糖質、タンパク質なども肝臓で合成されて中性脂肪になります。

そのため、あまったエネルギーや栄養を肝臓に送らないためにも、日々のカロリーを適切におさえることが大切です。

 

成人の一日に必要カロリーは1800kcal~2000kcalです。

仕事の活動量や年齢、男女によっても一日に必要なカロリーはちがいます。

自分に必要な一日のカロリーを超えないように食事をしましょう。

 

アルコールはひかえる

アルコールは、中性脂肪を分解する酵素のはたらきを阻害してしまいます。

また、お酒を飲んでいるとついつい脂質の多いおつまみを食べてしまいがちですね。

お酒を飲む量や頻度は減らしましょう。

 

中性脂肪を減らす運動習慣

中性脂肪を減らすためには、有酸素運動が効果的です。

そこで注意しなければならないのは、現在、体重が重かったり運動不足の人です。

急に運動すると、ひざや足首など下半身の関節に負担をかけてしまいます。

下半身に負担をかけないよう、ウォーキングや水泳、自転車などの有酸素運動からはじめてみるのがよいでしょう。

 

いそがしくて運動する時間がないという人は、日々の活動量を増やすように心がけましょう。

少しのことでも、毎日積み重ねていくことが大切ですね。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

脂質異常症(高脂血症)なら今すぐ禁煙を!

    最近は街中でも全面禁煙にしているオフィスや飲食店が増えてきました。愛...

正しい睡眠をとることで、脂質異常症(高脂血症)を予防しよう!

  今や日本人の5人に1人は睡眠において何らかの問題を抱えていると言われていま...


脂質異常症での禁酒・禁煙のすすめ

                 脂質異常症では、よくアルコールを制限しますが...

治療の必要性を認識することが大切!生活改善で脂質異常症改善

  脂質異常症の方は、血液データに異常値が出るまでの間、自覚の有無に関わらず、...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る