カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 糖尿病でインスリン療法をしているけど、海外旅行はしていいの?

生活習慣病

糖尿病でインスリン療法をしているけど、海外旅行はしていいの?

インスリン療法をしていても、事前に準備をしていれば海外旅行は可能です。

しかし、インスリン療法を始めたばかりの人や、血糖値が安定していない人には、海外旅行はおススメできません!

 

旅行先で、高血糖や低血糖になっても病院が見つからなかったり、言語のちがいで糖尿病であることがうまく伝わらない場合があります。

そうなると対応が遅れてしまい、キケンですね。

 

血糖値が安定している方は、主治医と相談の上、海外旅行の準備をすすめましょう。

 

海外旅行前の準備

海外旅行の前に準備すべきことは以下です。

確認しましょう。

 

・主治医に海外旅行に行くことを相談。

主治医の許可があれば、海外旅行中のインスリンを処方してもらう。

 

・旅行会社によっては、英文の診断書が必要な場合もあるので確認。

 

・時差がある場合は、インスリン計画書があると便利なので、主治医と相談。

 

・航空会社、旅行会社にインスリン療法中であることを伝える。

事前に申し込めば、航空機内で糖尿病食が提供される場合が多い。

 

・航空会社によっては、座席でインスリン注射ができない場合もあるので確認。

その際は、化粧室でインスリン注射を行うので、化粧室の近くの席が便利。

 

・旅行中に必要なインスリン関係のものが荷物に入っているか、しっかり確認。

 

○インスリン

○インスリンの針

○処方箋のコピー、薬の説明書

○血糖自己測定器(電池が十分かどうかも要確認)

○血糖自己測定用の針

○使用済みの針を入れる容器

○低血糖を起こした時のためのブドウ糖など

○アルコール綿

○血糖記録手帳

○英文の診断書(必要時)

○インスリン計画書(必要時)

 

旅行中に注意すること

インスリンは機内に持ち込みましょう。

貨物室にあずけると、こおってしまう可能性があります。

インスリン針や、血糖自己測定器、アルコール綿も忘れないようにしましょう。

 

また、旅行中は普段の生活リズムが崩れがちです。

インスリンを注射するのを忘れないよう、アラームをセットするなど工夫しましょう。

針は飛行機内やホテルの部屋に放置せずに、かたい容器に入れて自宅に持ち帰りましょう。

 

しっかりと準備をして、楽しい海外旅行にしましょうね!

 

(Photo by:足成

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

糖尿病の予防にはダイエット?肥満度をチェックしよう!肥満と糖尿病の関係、BMIについて

肥満は糖尿病を引き起こすとされています。それだけに注意も必要です。肥満と糖尿...

糖尿病って遺伝するの?ママが糖尿病の場合、子どもが2型糖尿病になりやすいってホント?

   子どもを妊娠出産するママやパパにとって、子どもへの遺伝も気になることのひ...


「太った?」に要注意!5kg以上太ると糖尿病リスクがUPする!?

昔から太り気味の人は糖尿病にかかりやすいと言われています。そして昨今では体重...

低血糖での手足の震え~糖尿病で気をつけたい低血糖症状~

  糖尿病で気をつけたいのが低血糖症状です。とくに無自覚な低血糖症は、命に...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る