カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. その他 >
  5. 不妊治療におすすめの漢方薬をご紹介!効果や副作用もチェックしよう!

妊娠・出産

不妊治療におすすめの漢方薬をご紹介!効果や副作用もチェックしよう!

漢方医学の特徴は、体全体の調子を整えることで、結果的に病気を治していきます。

つまり、不妊治療における漢方薬は、妊娠するための体をつくるためのものです。

 

では実際に、不妊治療においておすすめの漢方薬は何でしょうか?

ご紹介いたします!

 

婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)

女性の健康な体づくりにかかせない生薬として知られています。

血を補い体を温め、血のめぐりをよくするといわれています。

貧血や冷え性、生理不順、肩こり、頭痛など女性特有の諸症状に使われます。

 

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

血行をよくして体をあたため、貧血症状を改善します。

ホルモンバランスを整える効果も期待できます。

 

女性に用いることが多く、冷え性や、生理不順、不妊症など広く適用されます。

胃腸が弱い人はしんちょうに使いましょう。

 

芎帰調血飲第一加減 (キュウキチョウケツインダイイチカゲン)

気血水の流れを改善し、婦人科疾患に幅広く適応されます。

生理前のイライラ、月経不順、更年期症状、精神神経症状などに効果があります。

副作用は血液循環に作用する薬効があるため、高血圧の方や心臓に持病がある場合は注意が必要です。

 

八味地黄丸(ハチミジオウガン)

体の弱った機能を補う効果があります。

腎のはたらきを高め、元気や精力をつける効果もあります。

妊娠において、腎の機能を高めることは大切です。

胃腸が弱い人はしんちょうに使いましょう。

 

不妊治療で使う場合は、卵巣の若返りを目的とすることが多いです。

 

漢方薬を使うメリット

・体質改善をして健康な体づくり、健康な卵子づくりが期待できる。

・不妊治療を行うにあたって、健康な体づくりは副作用などを出にくくする効果も期待できる。

 

漢方薬を使うデメリット

・医療費控除がほとんどないので、高額になる。

・体質改善のためのものなので、絶対妊娠できるものではない。

・体質に合わなければ、効果が出ない人もいる。

・副作用も少なからずある。

 

妊娠できない理由は人それぞれです。

漢方も合う合わないがあり、上記の漢方が合うとは限りません。

うまく体質改善ができ、治療も上手く進めば、妊娠できる可能性は高くなるといえます。

 

しかし、人によっては効果がでない人もおり、絶対妊娠できるものではありません。

使う場合は医師と相談の上、自分自身に合った漢方を見つけていきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

不妊治療に焦りは禁物!ストレスと妊娠の関係

妊娠を希望したことのある女性なら、芸能人や周りの友達がどんどん先に妊娠していく...

基本的に妊活中の男性が飲む薬からの影響はない、例外は多発性骨髄腫とC型肝炎の薬

妊娠を目指して性交渉しているなら、精子に影響を与える薬、奥さんの体への薬物移...

その他の体験談

まさか…2人目妊娠!?酒が好きだから年末年始が終わってから妊娠したい

壮絶な出産から1年2ヶ月経ち、娘ちゃんはだいぶ赤ちゃんから幼児になってきました♪( ´θ`)ノお座り...

母のありがたみ

先日私の家に母がやってきました。甥っ子が暇を持て余しているということで、甥っ子をつれてわたしのところ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る