カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 睫毛内反(眼瞼内反) >
  6. 乳幼児・幼児の逆さまつげは気になっても抜いたらダメ?

育児・子供の病気

乳幼児・幼児の逆さまつげは気になっても抜いたらダメ?

赤ちゃんのまつげが内側に向いていて、目に入って痛そう!ということはありませんか?

それは、「逆さまつげ」といって、本来上を向いて生えるはずのまつげが、内側を向いて生えてしまうことで、角膜を傷つける可能性のある症状です。

 

実は、2人に1人の割合で赤ちゃんの逆さまつげはみられるんです。珍しいことではないのです。

成長と共に自然に治っていくのが一般的ですが、症状が悪くなる場合には手術することも。

 

子どもにみられる逆さまつげ

睫毛内反(しょうもうないはん)

逆さまつげを医学的な言い方をするとこのような名前です。

まぶたの皮下脂肪が多いことで、まぶたが押し上げられてまつげが内側にはいってしまうことです。

赤ちゃんは皮下脂肪が多いので、このように逆さまつげになってしまうことが多いのです。

5歳すぎには顔立ちも変わってきて、まぶたの脂肪も薄くなり自然に治る場合がほとんどです。

 

睫毛内乱(しょうもうないらん)

これは、まつげの一部分だけが逆さまつげになっている状態です。まつげの生え方に問題があります。

   

逆さまつげがもたらす病気は?

逆さまつげは、年齢とともに自然に治っていく場合がほとんどです。

赤ちゃんの時は、まつげ自体もとても柔らかいので、目に入っていても痛くないのです。見ていると痛そうですけどね…。

 

ただ、赤ちゃんに次のような症状がある時には、眼科へ!

・目やにが出る

・まぶしがるようなしぐさ

・充血  など

・目を頻繁にこする

 

このような症状がある時は、

・結膜炎(まつげが角膜を傷つけることによる)

・視力低下

・感染症(目をこすることで雑菌が入り込む)

という病気をもたらしていることもあるので、注意が必要です。

 

逆さまつげは抜いていいの?

原因となっているまつげを抜いてしまえば済むのでは?と考えるかもしれませんが、それは違います。

まつげを抜いても、根本的な部分のまぶたの状態などはそのままなので、また生えたら同じことです。

 

さらに、抜くことでより太く硬いまつげになり、さらに眼球を傷つけてしまうこともあるので、抜かずにそのまま様子をみましょう。

 

気をつけておくこと

爪は短くしておく

赤ちゃんが、目が気になって触った時に爪が長いと余計に目を傷つけてしまいます。爪は短くしておきましょう。

 

前髪は眉上がベスト

目に前髪がかかると、前髪に押されて余計にまつげが目の中に入りやすくなる化膿性があります。前髪は目にかからないように短めに切っておくと安心です。

 

気になったら眼科へ

目やにが多く、充血していて気になるようでしたら、眼科を受診してください。

現在の逆さまつげの状態をみてもらって、このまま数年様子を見ていって大丈夫なのか、など医師に相談もできます。

目やにで角膜を傷つけている場合には、目薬の処方もしてもらえます。 

 

逆さまつげの赤ちゃんは、じつは、こちらが思っているような痛みが無いことが多いです。気になって抜いてしまわずに、そのままで様子をみてください。

 

(Photo by:pixabay 

 

著者: katsuoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睫毛内反(眼瞼内反)に関する記事

赤ちゃんに多い症状~逆さまつげはすぐに処置が必要?!

あれ、目の中に何か入っている?よくよくみると、下側のまつげが目の中に! 実...

乳幼児・幼児が逆さまつげで手術をすることになったら…手術をするタイミングは?

赤ちゃんのころは、「逆さまつげ」で目の中にまつ毛が入っていても、成長と共に自...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

睫毛内反(眼瞼内反)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る