カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 糖尿病の人が知っていると心強い、海外旅行のためのノウハウ!

生活習慣病

糖尿病の人が知っていると心強い、海外旅行のためのノウハウ!

糖尿病であっても、海外旅行を楽しむことはできます。

ただ、旅行のために準備することや注意すべき点がいくつかあります!

旅行の予定が決まったら、なるべく早めに準備しましょう。

 

事前の準備

まずは、主治医に海外旅行に行くことを相談しましょう。

主治医の許可があれば、海外旅行中のインスリンまたは経口血糖降下薬を処方してもらいましょう。

予備ももらえれば安心です。

 

インスリン療法を行っている場合は、事前に航空会社に申請する必要があります。

ほとんどの航空会社は、糖尿病食の提供があります。

予約しましょう。

 

旅行中に必要なインスリン、インスリン針、血糖自己測定機(替えの電池)、穿刺針(せんししん)、アルコール綿なども準備しましょう。

低血糖を起こした時のために、ブドウ糖やあめなども忘れずに準備しましょう。

 

旅行先で、経口血糖降下薬やインスリンがなくなった時は、現地の医療機関で処方してもらう必要があります。

処方箋のコピーや薬の説明書を持っていきましょう。

英文の診断書が必要な場合もあります。

 

旅行中の注意

・薬の保管

薬は直射日光に当てず、こおるような温度のところには保管しないようにしましょう。

 

・エコノミークラス症候群

糖尿病の人は血流が悪くなりやすいので、エコノミークラス症候群になる危険性が高いです。

水分補給をしっかりして、足をこまめに動かして予防しましょう。

 

・靴ずれ

糖尿病の人は、小さな傷が潰瘍や壊死につながってしまいます。

とくに足の傷には注意が必要です。

旅行中は靴ずれしないように、はきなれた靴をはいて、厚手の靴下もはくとよいでしょう。

 

・食べ過ぎ

旅行中はたくさん食べてしまいがちですが、医師に支持されている摂取カロリーを超えないように気をつけましょう。

 

・時差ボケ

時差ボケは血糖コントロール不良になりやすいので、時差ボケ対策をしましょう。

とくに、東向きの旅行時に起きやすいといわれています。

できるだけ自然光にあたる、日中に活動するように心がけましょう。

 

以上のことに気をつけて、楽しい海外旅行にくださいね。

 

 

(Photo by:足成 

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

ペットボトル症候群対策はカロリーゼロの飲料では対策できない!?その理由はコレだ!

ペットボトル症候群は急性の糖尿病で、原因が清涼飲料水など、ペットボトルに入って...

何だか憂うつ、眠れない~糖尿病とうつ病

    ◆糖尿病患者はうつ病になりやすい   糖尿病になると、うつ病にな...


糖尿病のビッグデータから読みとれる人口、男女比、合併症、医療費は?

現在、糖尿病の数は増え続けています。 日本人は遺伝的にインスリンの分泌が少ない...

母親が1型糖尿病だと、子どもは2型糖尿病になるの?!

2型糖尿病は、食べ過ぎや運動不足、ストレスなどの生活習慣の乱れや肥満の他に、遺...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る