カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 症状 >
  5. 空腹なのに朝の血糖値が高い?!糖尿病の暁現象とソモジー効果とは?

生活習慣病

空腹なのに朝の血糖値が高い?!糖尿病の暁現象とソモジー効果とは?

糖尿病で血糖を測定していて、夜よりも朝の方が値の高い人は、暁(あかつき)現象かソモジー効果が関係しているかもしれません。

 

暁現象とソモジー効果とは、何でしょうか?

その原因と対策についてご紹介します。

 

暁(あかつき)現象

原因

暁現象は、インスリンの分泌が減少している人に起こりやすいです。

 

暁現象の原因として、成長ホルモンとコルチゾールのはたらきが関係しているといわれています。

明け方に成長ホルモンとコルチゾールが分泌され、インスリンのはたらきは抑えられます。

すると血糖値は上昇しますが、健康な人は血糖値の上昇に反応して午前4~8時頃にかけてインスリンの基礎分泌量が増えて、血糖値の上昇が抑えられます。

 

しかし、インスリンの分泌量の少ない糖尿病の人は、血糖値の上昇を抑えることができません。

夜間寝ている時はなにも食べていないのに、朝起きたときの血糖値が高いということになるのです。

 

対処法

暁現象が起こりやすい人は、寝る前に長時間作用するタイプのインスリンが向いているといわれています。

主治医と相談して、インスリンのタイプや量を変更するとよいでしょう。

 

ソモジー効果

原因

インスリン療法を行っている人で、インスリンを使用し血糖値が下がりすぎたり、食事の量が少ない場合などに低血糖状態になると、反動で高血糖になってしまう場合があります。

そのことをソモジー効果といいます。

 

朝起きた時の高血糖は、夜間に使用しているインスリンの量が多い、夜間の食事量が少ない、食事の時間が早すぎるなどの原因で寝ている間に低血糖状態になっている反動が考えられます。

 

対処法

寝ている時の低血糖の反動で、朝、高血糖になっている場合はインスリンを減量したり、寝る前にブドウ糖をとるなどで対処できます。

主治医と対処法を相談しましょう。

 

暁現象とソモジー効果は、ともに朝の高血糖を引き起こしますが、対処法が異なってきます。

夜間の3~4時に低血糖が起きていればソモジー効果、そうでなければ暁現象が考えられます。

 

必ず主治医と相談した上で、正しい対処をしましょうね。

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

症状に関する記事

糖尿病のリスクは寝たきりになる事

 糖尿病になるということのリスクは、勿論脳卒中や心筋梗塞などになり命の危険がある...

糖尿病合併症を防ぐ!注意が必要な疲れやすい、だるいなどの症状

糖尿病は、血糖値を調節するインスリンの分泌が何らかの理由で停止したり、減少した...


チェックしよう!糖尿病の初期に現れやすい症状について

  糖尿病は、血糖値(血液中のブドウ糖の数値)が異常に高い状態のことを表します...

糖尿病になるといつも眠い…血糖値の上がり下がりが関係!?

    糖尿病になると、日中ずっと眠気があり、だるくてやる気が出ない、などと...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る